売れ筋ランキング

D500E005P
3688 円
D500E005P
5699 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
11399 円

パソコンの壊し方まとめ!ハードディスクの物理的な破壊でデータを消去

パソコンを長く使用していると、いずれ新しいものへ買い替える時期がやってきます。その際には、古くなったパソコンを廃棄する必要も出てくるでしょう。パソコンを破棄する方法は複数ありますが、いずれの手段を取る場合でも内部のデータを完全に消去することが大切です。この記事では、パソコンを破棄する際にデータを消去することが重要な理由や、データの安全で確実な消去方法などについてご紹介します。


・ソフトウェアでデータを消去

パソコンがまだ動く場合は、データ消去用ソフトウェアを使ってデータを消去しておきましょう。「無意味なデータをハードディスクに書き込む」「ハードディスク領域を初期化する」などの方法で、データをサルベージできない状態で消し去ってくれます。


・自分でハンマーを使ってハードディスクを物理的に破壊

パソコンが起動せず、ソフトウェア的にデータを消去できない場合は、物理的にハードディスクを破壊する方法が有効です。ハードディスクのデータ記憶部分は、プラッターと呼ばれ、この部分をハンマーでたたくことにより破壊することができます。


パソコンの筐体をあけて、ハードディスクを取り出す手間があり労力もかかりますが、個人でハードディスクを破壊するには最もやりやすく確実な法です。


・自分でドリルを使う場合は複数個所に穴をあけて破壊

ドリルを利用できる場合は、ハードディスクに穴をあけて破壊することも可能です。プラッターも含めてドリルで穴をあける場合は、1ヵ所だけでなく、複数個所に穴

もっと見る...

防水パソコンの利用シーンとおすすめの機種【飲食店やIoTシステムの現場で大活躍】

パソコンや、モニターに防水防塵機能を求められる利用シーンには、どのようなものがあるでしょうか。身近な例を中心に紹介します。


・飲食店でタッチパネルとして

ファミレスや回転寿司チェーンなどで、おなじみになってきたタッチパネルでの注文。飲食店は、水分を扱うことが多く、ドリンクなどをこぼして端末が濡れることも考えられます。飲食店で注文用のタッチパネルを導入する際は、高い防水機能が必要です。


・工場内生産進捗の表示として

IoTを使った生産工程の管理や生産の自動化システムは、現場のモニターで進捗状況を管理する仕組みになっているものもあります。工場内の環境は、湿気が高かったり細かい粒子が舞っていたりする状況も。このような環境下でも故障せずに稼働を続けられるパソコンやモニターが必要です。防水防塵性能の高い機種なら、環境に対して耐久性を発揮します。


・IoT制御農産システム管理の表示として

IoTシステムの中には、農業の自動化システムもあります。作物を温室で育てている場合も、環境監視・管理用のモニターが必要なケースもあるでしょう。温室の中は、通常のオフィスに比べてどうしても水や土埃などが多くなります。このような利用シーンにおいても、防水防塵性能の高いパソコンやモニターが活躍してくれるでしょう。


・建設現場での作業用として

砂や土埃の多い建設現場も、パソコンのような精密機器にとっては過酷な環境です。時には雨が降って、濡れてしまうこともあるでしょう。建設現場で利用するパソコンやタブレット端末も、防水防塵性能が高いと安心して使用できます。


防水防塵機能の高いパソコンやモニターの選び方


防水防塵機能の高いパソコンやモニターを選ぶポイントは、主に以下の3点です。


・防水防塵性能レベルの確認


・タッチパネル操作が簡単にできること

もっと見る...

ノートパソコンのCPU交換方法を徹底解説!手順を守れば自分でもできる!

・専用の工具類

ノートPCの内部を開けるために必要な工具は、そのノートPCに使われているネジに合ったドライバーです。また、ノートPCの内部にほこりがたまっていることもあるので、ほこりを吸いつけて取るタイプのクリーナーも用意しておきましょう。ドライバーを使ってパソコン本体を開けたら、ほこりをクリーナーで軽く取り除きつつ、作業を進めます。


・ノートパソコンに合うCPU

ノートパソコンに合い、性能をあげてくれるCPUも事前に用意しなければいけません。そのため、現在使用しているCPUとマザーボードの情報を収集しましょう。調べ方が分からない場合は、CPU-Zのようなフリーソフトでも調べられますので、利用してください。


マザーボードの情報が分かったら、BIOSのメニューを立ち上げて、BIOSのバージョンも確認しましょう。同じマザーボードでも、BIOSのバージョンが違うと対応CPUが異なる場合もあるためです。


マザーボートとBIOSのバージョンが判明したら、マザーボードの公式サイトへ行き、対応しているCPUの型番を確認します。CPUの一覧から、性能があがるCPUを見つけて入手しましょう。


・CPU交換に関する知識

CPUを交換する際は、上記で説明したマザーボードの情報や、交換手順などの知識を事前に仕入れてください。特に、CPU用ファンの取り外し方は、機種により異なります。事前に確認してから作業をすると、迷いなく作業を進められます。

もっと見る...

Windows10 アップデートで不具合最新版【2020年7月】発生したらココをチェック!

Windows10はさまざまな機能が搭載されて使いやすく便利になっている一方で、アップデートによる不具合が多発していることも事実です。メジャーアップデートにより機能が改善されることは喜ばしいものですが、バグの発生も多く「早く作業の続きをしたい」「アップデートによるトラブルに巻き込まれたくない」といった声も少なくありません。


今回は、Windows10のアップデートによるトラブルを極力避けるための対策と、今すぐ役立つトラブル予防方法について解説します。


Windows10アップデートで不具合が起きる原因はいくつかありますが、多く報告されている原因を2点紹介します。


・Windows10更新プログラムKB4556799による不具合

Windows10更新プログラムKB4556799は、Version 1903/1909用の月例更新プログラムです。この更新プログラムには、オーディオ関連のトラブル、一時的なユーザープロファイルの問題、フレームレートの低下などさまざまな不具合が報告されています。


・Windows 10のアップデート(更新)で動かなくなる不具合

上記の更新プログラム以外にも、Windows 10のアップデートの後に発生する不具合は数多くあります。OSプログラムが更新されたことにより、ドライプログラムとの整合性が取れなくなったり、ネットワークの状態が不整合になったりして、問

もっと見る...

サブディスプレイの利用シーンを解説!Windows10でマルチディスプレイにする設定も紹介

自宅でリモートワークをしていると、オフィスと比べてディスプレイが狭いせいで作業効率が落ちていないだろうか? 作業用とは別にノートPCが余っているなら、Windows 10の「接続」アプリを使ってデュアルディスプレイ環境を構築するとよい。画面が広くなり、作業効率が向上するはずだ。


・タブレット

大きなサブディスプレイは便利ですが、携帯性に難がある点がデメリットです。その点、タブレット端末を1台持っていれば、ノートパソコンのサブディスプレイとして、いつでもどこでも使うことができます。タブレッドの画面は広くありませんが、別の情報を表示して使い分けることで、ノートパソコンの補助ディスプレイとして十分に活躍してくれます。


・タッチパネル付きモニター

タッチパネル付きのモニターは、スマホやタブレットなど、タッチパネル付きデバイスのサブディスプレイとして選択します。スマホやタブレット自体がタッチパネルなので、モニターだけタッチ操作できないと操作方法が統一できません。


・大画面モニター

利用シーンが屋内に限られる場合で、多くの情報を表示させたい場合は、大画面モニターを選択します。先述した例でいえば、プログラミングコードの表示や為替市場のチャートな

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。