売れ筋ランキング

D500E005P
3688 円
D500E005P
5699 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
11399 円

この秋新登場のGalaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。お買い得はどれ?

新発売のPixelの購入は、最近アメリカで発売されたSamsungのミッドレンジのスマホSamsung Galaxy S20 FEと比較検討してからでも遅くありません。


SamsungのGalaxy S20 FEは、Googleの現在のベストモデルであるPixel 5とアメリカでは同じ価格ですが、よりパワフルなスマホです。


しかも、アメリカではPixel 5が10月29日、Pixel 4a (5G)が11月まで待たないと購入できないのに対して、Galaxy S20 FEは今すぐ購入できます。


しかし、果たして、Galaxy S20 FEは、あなたにとってベストなスマホでしょうか。


注)日本では2020年10月15日にPixel 4a (5G)とPixel 5が発売されました。その時点で、Galaxy S20 FEの販売は未定です。


Galaxy S20 FE、Pixel 4a (5G) 、Pixel 5を比較する

本題に入る前に一言。スマホの良さは、スペックだけ見て判断すべきではありません。


実際に使ってみると、バグが多かったり、本体が膨張したり、他にも何かとても使いにくい理由があったりするので、ユーザーエクスペリエンスが大変重要です。


ハードウェアはもちろん重要ですが、判断材料の一部にすぎません。


ディスプレイ

Samsung Galaxy S20 FE:6.5インチFHD+スーパーAMOLED、HDR10+(407ppi)、120Hzリフレッシュレート

Google Pixel 4a (5G):6.2 インチFHD+ OLEDディスプレイ、HDR (413 ppi)、60Hzリフレッシュレート

Google Pixel 5:6.0 インチFHD+OLEDディスプレイ、HDR(432 ppi)、最大90Hzリフレッシュレート

分析:サイズ(上記に記載されていませんが)に関しては、Samsung Galaxy S20

もっと見る...

Google Pixel Standをスマートホームのコントローラーにする方法

Pixel Stand を使用して、Qi ワイヤレス充電に対応したスマートフォンを充電できます。Pixel 5、Pixel 4、Pixel 3 のいずれかをお使いの場合は、Pixel Stand で充電中に Google アシスタントを利用することもできます。


そしてなんと、最新のアップデートのおかげで、Pixel StandにPixelを置いた状態でも、さまざまなスマートホームデバイスが操作できるようになりました。


Pixel Standのアップデートを伝える記事を最初に読んだとき、私は興味を少しそそられました。フィジカルなスタンドをOTAでアップデートできるとは思えません。


しかし、そうではありませんでした。新機能が追加されるのは、Android 11のPixel Stand機能だったのです。


Pixelでスマートデバイスを操作する設定方法


最新のAndroid 11をインストールした対応機種(Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 5)の設定アプリを開きます。


接続済みのデバイスをタップし、Pixel Standを探します。その右にある歯車のアイコンをタップします。


新しいオプションとして、いちばん下にホームコントロールが表示されるので、それをタップ。


スライダーを使って、接続済みのデバイスをオンにします。


すると、アカウントを追加のオプションが表示されるはず。


それをタップして、Google Homeに関連づけたGoogleアカウントを選びます。


充電中にアクセスしたい接続済みのデバイスをタップして、追加していきます(最大4つまで)。


ただしこの機能は、複数のデバイスをグループ化している場合も、個々のデバイスにしか使用できません。

もっと見る...

iPhoneユーザーへ、Google検索のウィジェットは追加したほうがいい

Googleの新しいウィジェットで何ができるのか?

Googleの新しいウィジェットは、iOSのホーム画面でWeb検索をするよりも簡単に検索できる、というのが根本的なアイデアです。


検索をするのにブラウザを起動せずとも、ウィジェットをタップするだけで検索ができます。


ウィジェットには2種類あり、小さな方は文字で検索するだけで、大きな方は通常の検索、レンズ検索、シークレットモードが使えます。


いつもWeb上ではGoogleで検索する人は(というか、しない人はいませんよね?)、間違いなくiOSにインストールした方がいいウィジェットです。


Googleのホーム画面ウィジェットの興味を引く点としては、見た目のデザインが秀逸で、機能が洗練されているところです。


驚くほど合理的で、サードパーティーのアプリというより、まるでiOSの機能の一部のようです。


Googleが素晴らしい仕事をしているのは間違いありませんが、他のサードパーティーのアプリが、iOS 14のウィジェットでどんなことができるのかと期待させてくれます。


Googleのホーム画面ウィジェットの使い方

ホーム画面のウィジェットを入手するには、App StoreからGoogleアプリをダウンロードする必要があります。


Googleアプリをインストールしたら、画面を長押しすると上部出てくる「+」をクリックするとホーム画面が編集できるので、Googleのウィジェットを選びましょう。


*****ノートPCバッテリー

もっと見る...

電波を遮断。集中できる“スマホ断ち”ボックス【今日のライフハックツール】

スマホを近くに置いておくだけで認知リソースを消費していると、シカゴ大学の研究結果もありますし、常に潜んでいる誘惑との闘いには、集中力に自信がある人ですら苦戦しているかと思います。


そろそろなんらかの対策が必要。『Stolp』のようなデバイスの活用は、1つの候補となりそうです。


蓋をすればオフラインに


『Stolp』は、蓋をすることでWi-Fiやスマホの電波など、あらゆる電波を遮断できるデバイスです。


冒頭で触れた研究では、スマホを見えないところに置いても、電源を切っても、変わらずタスク処理のパフォーマンスが下がるとの結果が示されています。もちろん、“電波の届かないところにスマホを追放する”実験は行なわれませんでしたが、操作できないこととオフラインが認識できれば、無意識下でスマホに割いているメモリは解放されるんじゃないでしょうか。


『Stolp』ではスポッと蓋をする動作によって、心のモードも切り替わりそうです。ちなみに研究からは、スマホを別の部屋に置くことで認知機能が正常化することがわかっています。


最大6台までのスマホが入る


このデバイスは、最大6台までのスマホが入ります。ですので、家族一緒にスマホ断ちといったことも可能。夕食のときに『Stolp』を活用して、団らんを楽しむ時間をつくり出すのもありでしょう。


時間を限定して、スマホを“オフラインボックス”に閉じ込めておくことで、意識をイマココにとどめられそう。充電ケーブルが挿し込める仕様なので、夜間に充電しながら利用すればナイトモードを強化できます。


*****

もっと見る...

薄さは正義。折り畳めばほぼフラットになるスマホスタンド兼グリップ『CLCKR』

片手操作には大き過ぎる今どきのスマホ。


その補助グリップとしても使えるスマホスタンドには、いろいろなタイプがあります。


しかし多くの場合、スマホの厚みが大幅に増えてしまったり、机の上に置いたときに斜めになってしまったりするんです。薄く折り畳めるものでも、ワイヤレス充電に対応できなかったり...


iPhone専用タイプは、ケース付きなのでおトク


『CLCKR』には、iPhone専用ケース一体型のタイプと、機種を問わないユニバーサルタイプの2つのラインナップがあります。


iPhone専用ケース一体型は、傷や衝撃から守ってくれるので、ケース付きではないユニバーサルタイプよりおトク感が増しますね。


コスパに優れた、貼るだけのユニバーサルタイプ


もう一方のユニバーサルタイプは、貼り直し可能な接着テープを使って固定する仕様。

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。