よくあるご質問

  • 互換バッテリーご利用に関して
  • 1.バッテリーの充電には、純正品充電器または携帯電話本体で充電を行ってください。
  • 2.満充電(充電率100%)での保管はおやめ下さい、純正、互換品問わずバッテリーの寿命を短くする可能性があります。
  • 3.バッテリー残量0%での長期保管はおやめ下さい、携帯電話本体から充電できなくなる可能性があります、また、リチウムイオンバッテリーの寿命が短くなる可能性があります。
  • 4.温度の高い場所(車内、日向等)への保管、放置はしないで下さい。
  • 5.リチウムイオンバッテリーの保管は充電率60%前後(3.7-3.75V付近)にて保管しますとより長くお使い頂けます。
  • 6.携帯電話を操作しながらの充電はおやめ下さい、バッテリーが膨張、破裂、損傷する危険性があります。
  • どのぐらい時間新しい主なバッテリーはノートPCに電力を提供しますか
  • ノートPCバッテリーの運営時間は難しいと決定です。実はバッテリーの運営時間は電力需要の装置によって決定されます。スクリーンの使用、ハードドライブと他のアクセサリーはバッテリードレインを追加します、その実行時間を有効的に削減する。装置のデザインによってバッテリーの総運営時間を決定する。一般的に、新しいばかりだったの場合は新しいハイ容量のバッテリーが古いバッテリーよりも30% ~ 50%の長い時間を実行します。
  • どのぐらい時間で電池が続けるんですか
  • 通常の条件に下、ノートPCバッテリーの寿命は約1.5~3年間です。充電電池は死亡を開始すると、ユーザーはバッテリーの稼動か時間を低下のことを注意します。
  • 配送料はいくら掛かりますか?
  • 配送料は配送会社・配送地域・ご購入総額によって変動します。配送料の詳細はこちらを閲覧いただくとご確認いただけます。
  • カード番号を入力しても大丈夫ですか?
  • お客さまの個人情報(ご住所・電話番号・メールアドレス・その他すべての情報)を第三者に漏らすような事は絶対にありません。 また、www.pcdenchi.comではセキュリティ万全の「SSL」による暗号化技術を使用して、情報を送信していますのでカード情報が外部に漏れる心配もありません。安心してお買物をお楽しみ下さい。
  • 商品が不良品だった場合交換して頂けるのでしょうか?
  • 商品に不良品があった場合やご注文と異なる商品が届いた場合は、7日以内に当社にご連絡頂ければ、返品交換いたします。その際の送料は当社の負担とさせて頂きます。
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。