売れ筋ランキング

D500E005P
3500 円
D500E005P
4500 円
D500E005P
3500 円
D500E005P
5500 円
D500E005P
6250 円

AMDがGoogleと共同設計のChromebook向けプロセッサ「Ryzen 3000C」シリーズを発表

AMDが、Googleと共同設計のChromebook向けモバイルプロセッサ「Ryzen 3000C」シリーズと「Athlon 3000C」シリーズを2020年9月22日に発表しました。史上初となるZenアーキテクチャ搭載Chromebookは、前世代のChromebooksと比較して最大178%高速化しているとのことです。

Ryzen 3000CシリーズとAthlon 3000Cシリーズのラインナップとスペックをまとめた表が以下。CPUは14nmプロセスあるいは12nmプロセスで設計されており、Radeon Vegaグラフィックスを搭載しています。

AMDによれば、Ryzen 3700Cを搭載したChromebookは、同じくAMDのA6-9220Cを搭載した前世代Chromebookと比較してグラフィックパフォーマンスが最大251%、オフィスソフトの生産性が最大104%、写真編集でのパフォーマンスが最大152%向上していると主張しています。

また、Ryzen 3000Cシリーズは電力効率も向上。さらにWi-Fi 6やBluetooth 5.xに対応することでデバイスの接続性も向上し、ウェブサイトやストリーミングに対する応答性が高くなると、AMDはアピールしています。

AMDのクライアントコンピューティング担当シニアヴァイスプレジデントであるサイード・モシュケラニ氏は「ユーザーがオンライン、オフライン、外出先、自宅のどこにいても、RyzenやAthlonを搭載したChromebookは生産性を維持するために必要なCPU、グラフィックス、および全体的なパフォーマンスを提供します」とコメントしています。

GoogleのChrome OS部門担当ヴァイスプレジデントのジョン・ソロモン氏は「私私たちのAMDとのパートナーシップは、Ryzenプロセッサベースの前例のないChromebooksを提供します。それとともに、非常に高速な接続性・長いバッテリー寿命・高パフォーマンスなマルチタスク作業を可能とする『手頃な価格のChromebook』という、より幅広い選択肢を提供します」と述べました。

なお、AMDによれば、Ryzen搭載のChromebookはAsus、Lenovo、Acer、HPなどのメー

もっと見る...

ファーウェイ、約2週間動作のスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は24日、「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」と「HUAWEI WATCH FIT」のスマートウォッチ2機種を発表した。本日より予約販売を開始し、10月2日に発売する。

HUAWEI WATCH GT 2 Proはクラシックモデルとスポーツモデルをそれぞれ用意し、税別店頭予想価格は前者が35,800円、後者は31,800円の見込み。HUAWEI WATCH FITは同13,800円となる。

HUAWEI WATCH GT 2 Pro

HUAWEI WATCH GT 2 Proは、サファイアガラスとチタン素材による高級感のあるデザインを採用。リアケースにはセラミック素材が使われている。通常使用であればバッテリで2週間の長時間駆動が可能(GPS連続使用時は約30時間)。ワイヤレス充電により手軽に充電を行なえる。

また、スポーツモードにドライビングレンジ(ゴルフ)とスキー/スノーボードといったウィンタースポーツが追加。日の出日の入りや月の満ち欠け、潮の満ち引きといった情報も知ることが可能。同社製スマートフォンから撮影した写真を即座に盤面に変えるHuawei Share OneHop機能も備えている。

おもな仕様は、ディスプレイが1.39型AMOLED(454×454ドット)、測位方式はGPS/GLONASS、防水機能は5気圧、センサーは加速度/ジャイロ/コンパス/光学式心拍/環境光/気圧/装着検知、通信規格はBluetooth 5.1 BLE/BR/EDR。対応OSはAndroid 5.0/iOS 9.0以降。

本体サイズは約46.7×11.4mm(直径×高さ)、重量は約52g(ベルト含まず)。

HUAWEI WATCH FIT

HUAWEI WATCH FITは、新シリーズとなるスマートウォッチで、フィットネス動画を内蔵しており、12種類のコースから職場でできる6分のエクササイズ、10分の腹筋の引き締め、12分の体幹のワークアウトなどを目的や時間に合わせて選ぶことができるのが大きな特徴。

各種スポーツに対応し、ワークアウトを自動的に識別。睡眠やストレスの状況も記録・可視化可能で、心拍センサーも備えており

もっと見る...

Microsoftの新型Surfaceは「Surface Pro X 2」と「Surface Swift」か − 詳細なスペック情報も明らかに

Microsoftは9月30日もしくは10月1日に「Surface」関連の発表イベントを開催し、新型「Surface Pro X」や安価な12.5インチの「Surface Laptop」を発表すると噂されていますが、Twitterでcozyplanesという人物が、その新型「Surface Pro X」と安価な「Surface Laptop」のスペックの詳細を報告しています。

この情報が正しいのかは不明ですが、正式名は「Surface Pro X 2」と「Surface Swift」になるとのことで、各モデルの詳細はスペックは下記の通り。

【Surface Pro X 2】

・ディスプレイ:13インチ(アンチグレア/3:2)

・ストレージ:SSD 128GB/256GB/512GB(換装可能)

・RAM:8GB/16GB(オンボード)

・CPU:SQ2

・モデムチップ:Snapdragon X55(5G対応)

・フロントカメラ:1,000万画素(1080p)

・リアカメラ:1,600万画素(オートフォーカス/4K 1080p)

・マイク/スピーカー:デュアルマイク, ステレオスピーカー

・ポート:USB-C×2, Surface Connect, NanoSIM, Surface キーボードコネクタポート

・カラー:プラチナ, マットブラック

【Surface Swift】

・ディスプレイ:12.5インチ(3:2)

・ストレージ:SSD 64GB/128GB/256GB(換装不可)

・RAM:4GB/8GB(オンボード)

・CPU:Intel Core i5-1035G4

・GPU:Intel Iris

・ポート:Surface Connect×1, 他は不明

・フロントカメラ:500万画素(1080p)

・マイク/スピーカー:デュアルマイク, ステレオスピーカー

・カラー:不明

・その他:電源ボタンに指紋センサー内蔵

また他にも、「Wireless Display Adapt

もっと見る...

今月末発売予定のGoogle新フラッグシップ機「Pixel 5」の詳細が明らかに

9月末の発売が予定されている、Google「Pixel 5」のスペック詳細を、独メディアWinFutureがすでに投稿しています。

魅力的なプレミアムミッドレンジ機となるか

Google Pixel 5は5G対応で、6.0インチのフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイ(2,340 x 1,080ピクセル)を搭載し、画素密度は432PPIで、パネルは19.5:9のフォーマット採用となる見通しです。

画面のリフレッシュレートは最大90Hzで、Gorilla Glass 6コーティングが施されているようです。

自撮りカメラは、以前公式レンダリングとみられる画像が流出した際と同じく、パンチホール型となっています。ディスプレイは24ビットの色深度をサポートし、HDRにも対応しています。指紋認証はディスプレイ内には埋め込まれておらず、デバイス背面に取り付けられています。デバイス正面下部の“アゴ”は非常に狭くなっています。

大容量バッテリーを搭載

システム・オン・チップ(SoC)は、Qualcomm Snapdragon 765G搭載で、モデムチップはサブ6Ghzの5Gに対応しています。8GBのRAMと128GBの内部ストレージを搭載しており、セキュリティモジュールTitan Mにも対応しています。

メインカメラは、ソニーのセンサーを搭載した1,220万画素のカメラで、デュアルピクセル位相差AFをサポートしています。その他にも、1,600万画素の広角カメラ、800万画素のカメラを搭載しており、最大240FPSの1080p、最大60FPSの4K動画撮影が可能となっています。

バッテリーサイズは4,080mAhで、最大18ワットでの充電が可能です。Pixel 5は100%リサイクルアルミニウムでできており、IP68の耐水・耐塵性能があります。

気になる販売価格ですが、ドイツで629ユーロ(約77,200円)で販売される予定です。

もっと見る...

「Galaxy Z Fold2」よりも安価な折りたたみスマホ「FlexPai2」登場

中国のRoyoleは9月22日、ディスプレイが折りたためるスマートフォン「FlexPai 2」を発表しました。2018年秋に発表された初代モデル「FlexPai」はスペックや本体仕上げ、ディスプレイ品質が満足いくものではありませんでしたが、新製品のFlexPai 2はサムスンのGalaxy Z Fold2と肩を並べられるほど大きな進化を遂げています。

初代FlexPaiが発表されたのは2018年11月1日。年明けの2019年1月にラスベガスで開催されたCES2019で華々しく実機が展示され「世界初の折りたたみスマホ」として一躍脚光を浴びました。しかしサムスンから「Galaxy Fold」、ファーウェイから「Mate X」が発表されると、FlexPaiは「ヒンジのカーブが大きく完全に閉じられない」「樹脂背面とゴムのヒンジのカバーが安っぽい」そして「UIが折りたたみディスプレイを生かしきれていない」ことなどから、市場での存在感をあっという間になくしてしまったのです。

今回発表されたFlexPai 2はそれらの欠点をすべて克服しただけではなく、5Gへの対応や高級仕上げのボディーなど高性能かつ高品質を両立しています。初代モデルからの改善点は大きく3つあります。

1.ディスプレイの改善

FlexPai 2のディスプレイサイズはFlexPaiと同じ7.8インチで、解像度は1920x1440ピクセルですが、ヒンジ構造とデザインは大きく進化しています。

初代FlexPaiのディスプレイはヒンジ部分のカーブ半径が大きく、完全にたたむことはできず厚みも数cmとポケットにすっぽりと納めるには難しい大きさでした。手の小さい人にはヒンジ側を持つことがやや難しい大きさだったのです。同じスタイルでディスプレイを山折りするファーウェイMate Xはぴたりとディスプレイを閉じることができたため、FlexPaiは同じ折りたたみスマートフォンとして見劣りしてしまいました。

しかしFlexPai 2では閉じたときに完全にディスプレイを閉じることができ、閉じた形状はカメラのでっぱり部分を除くとフラットになりました。FlexPaiと比較して厚みを40%も低減したとのことです。これならシャツの胸ポケットにも入りそうです。

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。