売れ筋ランキング

D500E005P
3500 円
D500E005P
4500 円
D500E005P
3500 円
D500E005P
5500 円
D500E005P
6250 円

「Surface Duo」実機レビュー--デザインは美しいが使い勝手は今後に期待

Microsoftの「Surface Duo」は、在宅勤務時代の今にふさわしい小型デバイスのように、初めは思える。画面が2つになって広くなり、複数のアプリを使える。スマートフォンにもタブレットにもなる(そう、これはSIMカードなどを搭載したれっきとしたスマートフォンだ)。そして価格が1399.99ドル(約14万7000円)とくれば、購買意欲をそそられる。筆者は2画面スマートフォンに魅力を感じたことはなかったが、Surface Duoは役に立つ根拠がしっかりあると思わせる形で登場した。

外見上は、期待できそうだった。手に持った感じやヒンジもいい。だが、問題は、中身も外見と同じように良いかどうかだ。筆者がSurface Duoを使っていた間は、未完成としか思えないソフトウェアのせいで試練続きだった。今のところ、2画面の価値を感じられるとは言えない。

確かに、良い点はある。手にした感じと形は魅力的だ。ディスプレイを折り曲げることで自立させることができるのも、普通のスマートフォンと違うところだ。画面がもうひとつあるのは便利で、思わず役に立つことはあるが、筆者としては予想していたほど必要性を感じなかった。TwitterやSlackを使う際には便利だが、キーボード入力を伴うマルチタスクは思い通りにはいかない。そして、2画面というのが煩わしくなったときには、折りたたんで1画面のスマートフォンとして使うこともできる。その点は文句なしなのだが、それでは、そもそもSurface Duoを買う意味がないだろう。

一方、Surface Duoとほぼ同時期に、サムスンの「Galaxy Z Fold2」が発表されている。1999.99ドルと価格はもっと高く、厚みもあるが、ほぼ折り目なしの折りたたみ式ディスプレイとマルチカメラを採用し、5Gに対応、プロセッサー性能が高くRAMも多い。折りたたみ式スマートフォンへの取り組みの2年目に入ったサムスンが打ち出した製品、それがGalaxy Z Fold2だ。それに比べると、Surface Duoはアイデアの製品化にあと1年かけるべきだったという印象をぬぐえない。だが、仮にGalaxy Z Fold2の発表がなかったとしても、Surface Duoにはいろいろな面で不満が残っただろう。

以下に、この製品

もっと見る...

第9世代Core+GeForce GTX 1050 Tiで世界最小。MINISFORUMの「H31G」を試す

小型パソコンの開発/製造/販売を専門とする香港MINISFORUMは、デスクトップ版の第9世代CoreとGeForce GTX 1050 Tiを搭載した手のひらサイズのパソコン「H31G」を発売した。

MINISFORUMは読者にとってあまり馴染みのない企業かもしれないが、これまでおもにAtom系の安価なCPUを使った小型パソコンの開発をしてきた。最近では、IndiegogoでRyzen 5 3550Hを搭載した小型デスクトップ「DMAF5」のクラウドファンディングを実施し、Facebookで数多くの広告を露出。AMDファンのあいだではちょっとした話題となった。

そのMINISFORUMが今回新たに繰り出すH31Gは、手のひらサイズでありながら、デスクトップ向けの第9世代CoreとGeForce GTX 1050 Tiを搭載したモデル。CPUとGPUはいずれも1世代前となるのだが、性能ではまだまだ現役レベルであり、同社のフラグシップとも呼べる製品。

今回、発表に先立ってCore i5-9400Fおよびメモリ8GB、SSD 256GBを搭載した製品サンプルを入手したので、レビューしていきたい。この構成で直販価格は619ドルだ。

自由度が高く、ベアボーンに近い手のひらパソコン

H31Gは、本体サイズが約154×153×62mm(幅×奥行き×高さ)の超小型デスクトップである。この手の小型パソコンはZOTACが先駆者であり、続いてIntelのNUCフォームファクタが有名だろう。しかしIntelもZOTACもモバイル向けCPUを採用しているほか、GPUを搭載するZOTACの製品は、一辺が200mm前後(EシリーズやQシリーズ)と、やや大型になっている。

その点、H31GはLGA1151のソケット式で、市販もされている第9世代Core i5-9400Fが搭載されているにもかかわらず、一辺が150mm強となっており、IntelのNUCよりわずかに大きい程度に収まっているのは、評価に値する。搭載されているGeForce GTX 1050 Tiもデスクトップ版と同等のスペックなのだから、驚くばかりだ。

もちろん、そのためにACアダプタが148.2W出力対応のかなり大きなものになっている点は否めな

もっと見る...

世界初、折りたためる有機ELディスプレイを搭載 モバイルコンピューティングを再定義する革新的なデバイス「ThinkPad X1 Fold」発表 2020年10月13日より販売を開始

レノボ・ジャパン合同会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、有機ELディスプレイ(以下OLED)が折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を発表しました。

ThinkPad X1 Foldは、ペン入力にも対応し、ミニクラムシェルモードで2画面を活用することもできる、スマートフォン、タブレット、ノートPCの長所を兼ね備えたモバイルコンピューティングの新カテゴリーです。

ThinkPad X1 FoldのWi-Fiモデルは、2020年10月13日より販売を開始します。

モバイルコンピューティングの新カテゴリー「ThinkPad X1 Fold」
ThinkPad X1 Foldは、本体質量は約973g~で、カーボンファイバーを使用したボディに高級感のある革製のカバーをあしらい、折りたたむと本や手帳のように手軽に携帯できます。

画面をフルフラットに開くランドスケープモードでは、革製カバーに内蔵されたキックスタンドにより、ディスプレイを立てて使用でき、使いやすいアスペクト比4:3の13.3型の画面に多くの情報を表示可能です。全画面でのプレゼンテーションやLenovo Fold ミニキーボードを使って快適な入力作業ができます。キーボードは筐体を折りたたんだ際に間にはさむことで、マグネットで固定されてワイヤレスで自動的に充電されます。

画面を折り曲げた状態でも使用可能で、2画面を駆使して効率的な作業が可能。片方の画面でビデオ通話をしながら、もう片方の画面でメモやドキュメント編集を行うことも容易です。その他、契約書を表示してアクティブペンで署名する、本のように半開き状態にして読書を楽しむといった使い方もできます。オプションのLenovo イーゼルスタンドに設置して、セカンドディスプレイやフルサイズキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップPCスタイルでも快適に使用できます。 このようにThinkPad X1 Foldは、ユースケースに応じてさまざまな形状で利用することができ、これまでスマートフォン、タブレット、ノートPCと複数のデバイスを使い分けていたモバイルコンピューティングを再定義し、新しいカテゴリーを誕生さ

もっと見る...

XPS13とXPS13 2-in-1新モデル、最新Intel CPUとThunderbolt 4を搭載

さすがガジェット大豊作の秋!

Dellのクラムシェル型ラップトップXPS 13は、ギズモード 編集部(特に米Gizmodo)からの信頼厚い端末で、ほぼ完璧と評価されています。それが、さらにアップデートするっていうんだから嬉しいことこの上なし。XPS 13、XPS 13 2-in-1に搭載されるCPUがIntelの第11世代チップTiger Lakeになります。

XPS 13スタンダードモデルは、見た目こそ前モデルと変わらないものの、CPUが第10世代から第11世代へとアップグレードし、さらにメモリが4267MHz, LPDDR4とスピーディになり、Thunderbolt 4ポート搭載で接続までよくなった中身重視タイプ。XPS 13デベロッパエディション(Ubuntu 20.04 LTSがプリインストール)も同じアップデートあり。

また、XPS 13にはWindows 10がデフォで搭載されてはいるものの、Ubuntu 20.04 LTSをダウンロードすればシステムを切り替えできるという、LInuxユーザー(これからLinux始めたい人)にとっても親切なオプションまであります。

XPS 13 2-in-1モデルは、同じくIntelの第11世代CPU&メモリが強化された上に、Windows Hello対応の赤外線カメラを搭載。対ボディディスプレイ比が、前モデルよりもちょぴっと大きくなっています。

今年の春にデザインアップデートされたXPS 13だけに、秋のスペックアップはうれしいニュースですね。

Tiger LakeのXPS新モデルは、米国とカナダで(現地時間)9月30日発売。(日本含むそれ以外の地域はこれより遅れて発売予定。)XPS 13スタンダードモデルは1,000ドル(約10万6000円)から、XPS 13 2-in-1は1,250ドル(約13万2000円)から。

ラップトップ欲しいなという人、とりあえず新XPS 13がでるまで待つのが吉です。

もっと見る...

AMD、Ryzen 9 3900の単体販売を10月より開始

AMDは、「Ryzen 9 3900」のトレー版(バルク)の国内販売を10月3日11時より開始する。税別価格は53,800円。

 Ryzen 9 3900は、2019年9月よりOEMおよびSI向けに提供されてきた製品だが、今回単体での販売が開始される。12コア/24スレッドの「Ryzen 9 3900X」と比べてコア数やキャッシュに変更はないが、ベースクロックが3.1GHz、ブーストクロックが4.3GHz、TDPが65Wにそれぞれ抑えられている。


もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。