売れ筋ランキング

D500E005P
8100 円
D500E005P
8200 円
D500E005P
6900 円
D500E005P
7200 円
D500E005P
8500 円

M.2スロット×4のみのコンパクトな10GBASE-T対応NASキット「TBS-453DX」、テックウインドが発売

テックウインド株式会社は、10GBASE-Tに対応し、M.2スロット×4のみを装備するコンパクトなNASキット「TBS-453DX」を3月9日に発売する。市場想定価格は7万7000円(税別)。

「NASbook」というコンセプトで設計されており、SATA接続のM.2スロット×4のみを装備するB5サイズのコンパクトさと、ノートPCなどで採用例の多いシロッコファンの搭載による静音性の高さが特徴。

CPUには、ファンレスで動作するCeleron J4105(クアッドコア、1.5GHz)を採用。AES-NIハードウェア暗号化と、4K動画のリアルタイムトランスコードにも対応する。メモリはDDR4 SO-DIMM 2GB×2(最大4GB×2)を搭載する。

NAS用OSの「QTS 4.4.0」を搭載し、QTS App Centerで配布されている「Roon Server」アプリの動作もサポート。NAS内の音楽ファイルを対応デバイスからPCレスで再生できる。

また、最大20までのクラウドストレージをマウントし、オンライン検索を実現するファイルレベルのゲートウェイ「CacheMount」と、ブロックレベルのゲートウェイ「VJBOD Cloud」により、ファイル転送を効率化することで、シームレスにファイルをバックアップ/復元できるハイブリッドクラウド環境を構築できるという。

背面には、前面にUSB 3.0×2、背面に10GBASE-T LAN×1、1000BASE-T LAN×1、4K出力に対応するHDMI 2.0×1、USB 2.0×4の各ポート、右側面にUSB 3.0×1を装備する。本体サイズ(幅×奥行×高さ)は230×165×30mm、重量0.8kg。65Wの外部電源アダプターが付属する。

もっと見る...

ViewSonic製液晶にひかりTVショッピング限定モデル

株式会社NTTぷららが運営するひかりTVショッピングにて、ViewSonic(ビューソニックジャパン)製液晶ディスプレイ3製品が、同サイト限定で販売を開始している。

価格は、21.5型の「VA2256-H」が11,980円、23.8型の「VA2456-H」が13,800円、27型の「VA2756-MH」が19,980円。

独自のSuperColorテクノロジーに加え、フリッカーフリーやブルーライトフィルター機能などを搭載した非光沢の液晶ディスプレイ。解像度は3製品ともにフルHD(1,920×1,080ドット)のIPSパネルとなる。

おもな仕様は共通で、表示色数が約1,677万色、中間色の応答速度が5ms、輝度が250cd/平方m、コントラスト比が1,000:1、視野角は上下/左右ともに178度。映像入力インターフェイスはHDMI 1.4、ミニD-Sub15ピン。-4~20度の上下チルトにも対応する。

本体サイズおよび重量は、VA2256-Hが490×198×362mm(幅×奥行き×高さ)/約3.3kg、VA2456-Hが540×198×390mm(同)/約3.9kg、VA2756-MHが611×233×429mm(同)。

もっと見る...

手になじんで疲れにくい、有線ブルーLEDマウス新製品がサンワサプライから

サンワサプライは、手になじんで持ちやすく長時間使用しても疲れにくい有線ブルーLEDマウス「MA-BL138BK」「MA-BL138W」を3月5日に発売した。税別の販売価格は、どちらも1800円。

マウス左側面にくぼみが付いた左右非対称のマウスで、くぼみに親指を添えて動きを安定できる。シンプルな配置の3ボタンタイプで、ウェブ閲覧に便利なスクロールホイールが付いている。赤色光学式で高感度なブルーLEDセンサーを搭載し、グラフィックや3Dなどのソフトで高精細に動かせる。手首一振りで画面の端までカーソル移動が可能な1000カウント高分解能によって、エクセルなどの表計算ソフトにも適している。

もっと見る...

QNAP、M.2 SATA SSD専用の薄型B5サイズNAS

テックウインド株式会社は、台湾QNAP製NAS「TBS-453DX」を3月9日より発売する。税別価格は77,000円。

一般的なデスクトップNASと異なり、3.5インチベイ非搭載で、M.2 SATA SSD×4のストレージインターフェイスのみを用意。「NASbook」コンセプトで設計されており、薄いB5サイズの小型筐体と、静寂化を実現したとする。

CPUにはCeleron J4105(4コア/1.5GHz)を搭載し、デュアルチャンネルの4GB DDR4-2400メモリとストレージ用の4台のM.2 SSDにより、優れた性能を提供。有線LANポートは10GBASE-T対応となっている。

ランダム書き込みを最適化し、SSD寿命を延ばすソフトウェア定義型のSSDエキストラオーバープロビジョニングをサポート。追加のOP容量(1~60%)を割り当てることで、エンタープライズ級SSDに近い性能と耐久性の実現を謳う。OSは独自のQTSで、音楽再生に使えるRoon Server機能などをサポートする。

インターフェイスはUSB 3.0×3、USB 2.0×4、HDMI 2.0、音声入出力など。

本体サイズは230×165×30mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は800g。

もっと見る...

最大985MB/s!! 次世代microSDカード「microSD Express」は2020年にも登場か

SDアソシエーションは、MWC19 Barcelona開催に合わせて、次世代SDカード規格「SD 7.1」を発表しました。その中で、次世代microSDカードの規格となる「microSD Express」を新たに追加しました。

PCIe/NVMe対応の超早いmicroSDカード

microSD Expressは、2018年6月に発表されたSDカード規格「SD 7.0」の中で追加された「SD Express」を、microSDに落とし込んだものです。

インターフェイスの仕様は、SD Expressとまったく同じです。接続インターフェイスにPCI Express Gen3 x1、プロトコルとしてNVM Express 1.3に対応していて、データ転送速度は最大985MB/sを誇ります。また、マルチキューイングによるデータ処理に対応しているため、メモリカードに起因するボトルネックも解消されるとしています。

シーケンシャルリード/ライトで最大984MB/s

MWC19 BarcelonaのSDアソシエーションブースでは、SD 7.1に準拠するPhision Electronics製のSDカードコントローラの仕様が公開されていました。NANDフラッシュメモリにTLCまたはQLC仕様の3D NANDを利用して、NANDとの接続チャネルが2本、接続インターフェイスがPCI Express Gen3 x1となることで、シーケンシャルリード、ライトともに984MB/sと、規格のほぼ上限の速度が実現されるとのことです。

また、ブースでは標準サイズのSD Express対応カードのベンチマークテストの結果が示されていました。規格上の速度には届いていませんでしたが、シーケンシャルアクセス、ランダムアクセスともに従来のSDカードとは比較にならない速さが確認できます。もちろん、microSD Expressもこれと同じ速度になるとのことです。

早ければ2020年に登場、ドローンやIoT用途を想定

今回は、microSD Express対応カードの実物が展示されていませんでしたので、実際に確認できてはいませんが、SD Expressカード同様に、UHS-II用の端

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。