売れ筋ランキング

D500E005P
3500 円
D500E005P
4500 円
D500E005P
3500 円
D500E005P
5500 円
D500E005P
6250 円

USB4が発表。ややこしい規格が統一されてほしい

「せーの!」でみんなこれにしてくれたらいいのに。

現在のUSB規格の最先端といえば、USB Type-CでおなじみのUSB3.1 Gen2。このUSB3.1の次をゆくUSB3.2(USB 3.2 Gen 2x2)がMWC 2019にて発表されたのですが、さらに次をゆくUSB 4が新たに発表されました。ぬおぉややこしい。

USB規格の仕様策定団体であるUSB-IFによると、USB 4の最大転送速度は40Gbps。おぉ、Thunderbolt 3と同じじゃないか! 先に発表があったUSB 3.2 Gene 2x2の最大転送速度が20Gbpsだから、一気に倍ですよ。

Thunderbolt 3と同速度ということは、これまでThunderbolt 3で動かせたディスプレイやeGPUのような外部デバイスが、広く利用可能になる可能性があります。USBはオープンスタンダードゆえ、誰でも採用できるのがメリット。今後は誰でも40Gbpsが叩き出せるようになるかも?

ちなみに、USB Type-Cというのは端子の形状のことで、Thunderbolt 3とはType-C端子を使って別規格の信号を流すAlternate Modeを利用した伝送方法のことを指します。DisplayPortとしての利用もAlternate Modeですね。

USB 4の詳細は、2019年後半に明らかとなる予定。先日発表されたUSB 3.2 Gene 2x2が、なんかもうハチャメチャに複雑でしたし(規格が3つあって伝送速度も異なる)、今回のUSB 4が主流になってくれるとわかりやすくてありがたいのですが…。名前もシンプルでよき。

もっと見る...

【Google Chrome】アドレスバーの予測候補や履歴URLを削除/無効化する

Google Chromeのアドレスバーに検索キーワードを入力すると、自動的に表示される「予測候補」。でも全く不要な候補が繰り返し表示されることも。このように邪魔になった候補を削除したり、機能そのものを無効化したりする方法とその注意点を説明します。

「予測候補」は便利だけど、邪魔なときも……

Google Chrome(以下、Chromeと略)を使い込んでいくと、アドレスバーに検索キーワードを入力したときに、それと関連しているURLやGoogle検索などの一覧が表示されるようになります。

これは「予測候補」(予測変換)と呼ばれる機能で、過去に開いたことがあるWebページ(閲覧履歴)や検索履歴、そして入力キーワードからChromeが自動的に判断・推定してアドレスバーの下に表示してくれるものです。

少ない入力文字でも簡単に目的のWebページにたどりつける便利な場面がある一方で、全く不要な候補が繰り返し表示されたり、他人に見られると都合の悪い候補がリストアップされたりすることがあります。

そこで本稿ではWindows OS版Chromeを対象として、この予測候補を削除あるいは無効化する方法を紹介します。

特定の予測候補を削除するには

特定の予測候補を削除して、以後表示されないようにするには、まず該当する検索キーワードを入力して、予測候補の一覧を表示させます。その中で削除したい項目を見つけたら、カーソルキーの[↑][↓]を押して、その項目を選択します。後は[Shift]+[Delete]キーを押すと、削除完了です。

ただ、上記の手順では削除できない候補が残ることがあります。その場合は、該当する閲覧履歴を削除する必要があります。その手順は後述します。

予測候補を無効化するには

Chromeの設定を変更すると予測候補を無効化できます。それには最初に、以下の手順でChrome設定画面の[プライバシーとセキュリティ]-[予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する]をオフにします。

次に閲覧履歴を消去します。たとえ予測候補を上記の手順で無効化しても、閲覧履歴が残っている限り、その過

もっと見る...

「Google Chrome 73」の安定版公開、macOSのダークモードに対応

米Googleは3月12日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 73」(バージョン73.0.3683.75)をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。数日から数週間かけて配信される。

macOS版でダークモードの設定が可能になった。macOS Mojaveの環境設定でダークモードにしていると、メニューバー部分がダークモードになる。

また、「Chromeへのログインを許可する」を有効にした場合に、スペルチェック機能やセーフブラウジングを選択できるようになった。

この他、キーボードのマルチメディアキーを正式にサポートし、ストリーミングサービスなどの操作に利用できるようになった。マルチメディアキーとは、多くのキーボードでファンクションキーに割り当てられている一時停止や先送りなどのキーのことだ。Windows版のChromeで開いたYouTubeで使えることが確認できた。

セキュリティ関連では、緊急度が2番目に高い「High」6件を含む60件の脆弱性に対処した。

もっと見る...

Google系列のJigsaw、SNSでの毒コメントを非表示にするChrome拡張機能「Tune」

米Alphabet傘下のシンクタンクJigsawは3月12日(現地時間)、TwitterやRedditなどのソーシャルサービスに表示される毒のあるコメントを非表示にする実験的なChrome拡張機能「Tune」を公開したと発表した。

API「Perspective」を採用している。Perspectiveは、パブリッシャーがサービス上の不適切なコメントにリアルタイムで対処できるようにするためのAPI。Tuneは、ユーザー側で不適切なコメントの表示レベルを調整するための拡張機能だ。

毒コメントの評価基準は対象のコメントに似た過去のコメントへの評価。機械学習で評価の確度は向上しているが、まだ確実に毒コメントを検出できるわけではなく、毒ではないコメントを非表示にしてしまうこともあり、この拡張機能はあくまでも実験的なものだとしている。

今のところ、Tuneで毒コメント表示を調整できるサービスは、YoTube、Twitter、Facebook、Reddit、Disqusのみ。表示レベルは「完全に非表示」から「完全に表示」まで、音量調節つまみのようなUIで調整できる。

Twitterのドナルド・トランプ氏のツイートのスレッドで試してみたところ、つまみを完全表示から完全非表示に回していくのに合わせて表示されるコメントが減っていった。YouTubeでは、非表示になったコメントは●で表示され、クリックすると表示できた。適切なサンプルを見つけられなかったため、日本語でも有効かどうかは確認できなかった。

もっと見る...

LINE、ディスプレイ搭載スマートスピーカー「Clova Desk」3月19日発売 2万7540円 赤外線で家電操作も

LINEは3月12日、ディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を3月19日に発売すると発表した。価格は2万7540円(税込、送料無料)。公式Webサイトで注文を受け付ける。

7インチ液晶ディスプレイ(1024×600ピクセル)を搭載する卓上型のスマートスピーカー。ホームスクリーンに天気や家族の予定、電車の運行情報、LINEの新着通知などを常時表示する他、クックパッドのレシピやAbema TVで放送中の番組を表示したり、問いかけた質問に対して音声と画面表示で返答したりできる。

LINE MUSICやradiko.jpなど、これまでのClovaデバイスに対応していたサービスも引き続きClova Deskで使える。

個人のLINE IDや家族用の代表アカウントをClova Deskにひも付けて、メッセージアプリ「LINE」のテキストチャット(スタンプ含む)が使える。Clova Desk本体に搭載する有効500万画素のカメラを使った写真撮影やビデオ通話にも対応する。

本体にIR(赤外線)ポートも搭載し、声で操作できる赤外線リモコン機能も搭載。エアコン、照明、テレビに対応するプリセット(計60社)に加え、学習機能も備える。赤外線リモコンで操作するさまざまな家電をClova Desk単体で操作できる。

スマートスピーカーとしての性能も向上。騒音環境での呼び出し性能と反応速度が従来機種に比べてそれぞれ20%向上しているという。LINEの中村浩樹マネージャー(Clova企画室スマートプロダクトチーム)は、「リモコンを手に取るよりもClovaに頼んだほうが早いと感じていただける」と話す。

本体に搭載する3000mAhの内蔵バッテリーで単体動作する。動作時間は動作環境にも異なるとしながらもスタンバイで約3時間、音楽再生で2時間動作するという。

Clova Deskのメインターゲットはファミリー。音質を追求したClova WAVEなどと差別化している。「商品のコンセプトは『ホームサイネージ×コミュニケーション』。電子機器が家に増えるにつれて、リモコンがたくさん転がっている。家族に共有するメモや予定も、さまざまな家の場所に存在している。Clova D

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。