売れ筋ランキング

D500E005P
8100 円
D500E005P
8200 円
D500E005P
6900 円
D500E005P
7200 円
D500E005P
8500 円

Core i7以上のノートパソコン、今売れている機種TOP10はこれ!

「BCNランキング」日次集計データによると、2019年3月11日から17日、ノート(Core i7以上)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 FMV-LIFEBOOK AH メタリックブルー FMVA77C2L(富士通)

2位 FMV LIFEBOOK UH FMVU90C3B(富士通)

3位 FMV-LIFEBOOK AH ガーネットレッド FMVA53C2R(富士通)

4位 dynabook T75 サテンゴールド PT75GGP-BEA2(Dynabook)

5位 LAVIE Note Standard カームホワイト NS600/KAW(NEC)

6位 FMV-LIFEBOOK AH ブライトブラック FMVA53C2B(富士通)

7位 LAVIE Note NEXT グレイスブラックシルバー NX850/LAB(NEC)

8位 LAVIE Note Standard カームブラック NS600/KAB(NEC)

9位 FMV-LIFEBOOK AH ブライトブラック FMVA77C2B(富士通)

10位 FMV-LIFEBOOK AH プレミアムホワイト FMVA77C2W(富士通)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

もっと見る...

新機能てんこ盛り。使いやすさが半端なさそうな高倍率ズームカメラ「LUMIX FZ1000 M2」

高倍率ズーム機が欲しいんです。

取材時や旅行時に、すごく役立つ高倍率ズーム機。以前から欲しい欲しいと思っていたんですけど、いざ買おうかなと思うと、ミラーレス一眼+高倍率ズームレンズがいいのか、コンデジタイプがいいのか、レンズ一体型の一眼レフ機タイプがいいのか、迷ってしまってなかなか決められず、ここ1、2年、僕の心は膠着状態でした。

そこに新たな選択肢が登場しました。パナソニック「LUMIX FZ1000 M2」です。

大まかなスペックとしては、約2,010万画素の1型CMOSセンサーに25-400mm相当の光学16倍ズームレンズを搭載した、一眼レフタイプのレンズ一体型コンデジです。

前モデルにあたる「LUMIX FZ1000」も、候補として何度か触ってみたりはしたんですけど、思ったより大きいのと、ちょっと操作性で気になるところ(コントロールダイヤルが1個しかない)があったりして、購入までには至らなかったんですよね。

さらにレンズのズーム倍率が高く高性能な「LUMIX FZH1」も発売されましたが、こちらは価格的にちょっと手が出ない感じでした。

そこにLUMIX FZ1000 M2ですよ。これ、なかなか使いやすそうに仕上がってきてます。

個人的にいいなと思ったのは、ダイヤルが前後2つになったこと。これで露出補正と絞り値の設定を別々のダイヤルで行なえます(Aモードの場合)。これ重要。

EVFも進化。約236万ドット、視野率100%、倍率0.74倍となっており、見やすそうです。

僕はあまり使わないかもしれないんですが、可動式の背面液晶はタッチ操作に対応しており、タッチAFやタッチシャッター、タッチズームが使えます。

もうひとつ気になったのが、「ズームバック機能」。望遠撮影時に被写体を見失ったとき、ワンボタンでズームアウトして被写体を見つけられます。ボタンを離すと、元のズーム倍率に戻るので、すぐに撮影に戻れます。

USB充電に対応しているのもいいですね。これ、全部のデジカメに搭載してほしいくらいです。

もちろん、4K動画や4Kフォト、Bluetoothによるスマホとの常時接続にも

もっと見る...

VRヘッドセット新モデル「Oculus Rift S」発表 外部センサー不要

FacebookがVRヘッドセットの新モデル「Oculus Rift S」を発表しました。今春399ドル(約4万4000円)で発売されます。

「スクリーンドア効果」(ディスプレイに網目が見える問題)を軽減したよりシャープなディスプレイ、外部センサーなしでユーザーの動きをVR内に反映する「インサイトトラッキング」、奥行きのずれやパフォーマンスへの影響を最小限に抑えるパススルー機能「Passthrough+」などを備え、ダイヤルで装着位置の調整ができるようになっています。オーディオシステムが統合され、好みのヘッドフォンを使えるジャックもついています。

もっと見る...

Windows 10プレビュー版、RTM登場間近で既知の問題は残り3つに

米Microsoftは3月20日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの「Build 18860(20H1)」をSkip Aheadで、「Build 18362(19H1)」をFast ringで配信した。

Build 18860では、ソフトウェアキーボード上を指でなぞるようにして入力できる「SwiftKey」の対応言語が追加。ただし、まだ日本語のサポートはなされていない。

また、Build 18362では、RTM(Release to Manufacturing)が今春登場とリリース間近なため、既知の問題の数がかなり減り、アンチチートソフトに対応するゲームを起動したさいにGSoD(Green Screen of Death)が起きる可能性がある不具合のほか、Creative X-Fiサウンドカードおよび特定のRealtek製SDカードリーダが正しく機能しないという3つだけが残されている。

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。