売れ筋ランキング

D500E005P
3500 円
D500E005P
4500 円
D500E005P
3500 円
D500E005P
5500 円
D500E005P
6250 円

「Surface Duo」実機レビュー--デザインは美しいが使い勝手は今後に期待

Microsoftの「Surface Duo」は、在宅勤務時代の今にふさわしい小型デバイスのように、初めは思える。画面が2つになって広くなり、複数のアプリを使える。スマートフォンにもタブレットにもなる(そう、これはSIMカードなどを搭載したれっきとしたスマートフォンだ)。そして価格が1399.99ドル(約14万7000円)とくれば、購買意欲をそそられる。筆者は2画面スマートフォンに魅力を感じたことはなかったが、Surface Duoは役に立つ根拠がしっかりあると思わせる形で登場した。

外見上は、期待できそうだった。手に持った感じやヒンジもいい。だが、問題は、中身も外見と同じように良いかどうかだ。筆者がSurface Duoを使っていた間は、未完成としか思えないソフトウェアのせいで試練続きだった。今のところ、2画面の価値を感じられるとは言えない。

確かに、良い点はある。手にした感じと形は魅力的だ。ディスプレイを折り曲げることで自立させることができるのも、普通のスマートフォンと違うところだ。画面がもうひとつあるのは便利で、思わず役に立つことはあるが、筆者としては予想していたほど必要性を感じなかった。TwitterやSlackを使う際には便利だが、キーボード入力を伴うマルチタスクは思い通りにはいかない。そして、2画面というのが煩わしくなったときには、折りたたんで1画面のスマートフォンとして使うこともできる。その点は文句なしなのだが、それでは、そもそもSurface Duoを買う意味がないだろう。

一方、Surface Duoとほぼ同時期に、サムスンの「Galaxy Z Fold2」が発表されている。1999.99ドルと価格はもっと高く、厚みもあるが、ほぼ折り目なしの折りたたみ式ディスプレイとマルチカメラを採用し、5Gに対応、プロセッサー性能が高くRAMも多い。折りたたみ式スマートフォンへの取り組みの2年目に入ったサムスンが打ち出した製品、それがGalaxy Z Fold2だ。それに比べると、Surface Duoはアイデアの製品化にあと1年かけるべきだったという印象をぬぐえない。だが、仮にGalaxy Z Fold2の発表がなかったとしても、Surface Duoにはいろいろな面で不満が残っただろう。

以下に、この製品

もっと見る...

世界初、折りたためる有機ELディスプレイを搭載 モバイルコンピューティングを再定義する革新的なデバイス「ThinkPad X1 Fold」発表 2020年10月13日より販売を開始

レノボ・ジャパン合同会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、有機ELディスプレイ(以下OLED)が折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を発表しました。

ThinkPad X1 Foldは、ペン入力にも対応し、ミニクラムシェルモードで2画面を活用することもできる、スマートフォン、タブレット、ノートPCの長所を兼ね備えたモバイルコンピューティングの新カテゴリーです。

ThinkPad X1 FoldのWi-Fiモデルは、2020年10月13日より販売を開始します。

モバイルコンピューティングの新カテゴリー「ThinkPad X1 Fold」
ThinkPad X1 Foldは、本体質量は約973g~で、カーボンファイバーを使用したボディに高級感のある革製のカバーをあしらい、折りたたむと本や手帳のように手軽に携帯できます。

画面をフルフラットに開くランドスケープモードでは、革製カバーに内蔵されたキックスタンドにより、ディスプレイを立てて使用でき、使いやすいアスペクト比4:3の13.3型の画面に多くの情報を表示可能です。全画面でのプレゼンテーションやLenovo Fold ミニキーボードを使って快適な入力作業ができます。キーボードは筐体を折りたたんだ際に間にはさむことで、マグネットで固定されてワイヤレスで自動的に充電されます。

画面を折り曲げた状態でも使用可能で、2画面を駆使して効率的な作業が可能。片方の画面でビデオ通話をしながら、もう片方の画面でメモやドキュメント編集を行うことも容易です。その他、契約書を表示してアクティブペンで署名する、本のように半開き状態にして読書を楽しむといった使い方もできます。オプションのLenovo イーゼルスタンドに設置して、セカンドディスプレイやフルサイズキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップPCスタイルでも快適に使用できます。 このようにThinkPad X1 Foldは、ユースケースに応じてさまざまな形状で利用することができ、これまでスマートフォン、タブレット、ノートPCと複数のデバイスを使い分けていたモバイルコンピューティングを再定義し、新しいカテゴリーを誕生さ

もっと見る...

Google Japanが「Pixel 5」の情報をうっかりお漏らし、価格や本体デザインが判明してしまう

日本時間10月1日午前3時から開催されるGoogleのグローバルイベント「Launch Night In」で正式発表されるとみられているGoogle製スマートフォン「Pixel 5」について、Google Japanが予約購入アナウンスを一足先に誤ってツイートしました。この誤ツイートによって、Pixel 5のデザインと日本販売価格が判明し、世界的に話題を呼んでいます。

「詳細はこちら」のリンク先ページにはアクセスすることができず、ツイート自体が後に削除されたことから、このツイートは誤って投稿されたものだとみられています。

このツイートと同時に公開された短い販促用ムービーから新たに判明した事実とは、Pixel 5の「日本販売価格」と「本体デザイン」です。ムービーでは、Pixel 5の販売価格は前モデルであるPixel 4の「8万9980円」という価格に比べて約1万5000円も安い「7万4800円」と明言されました。

本体デザインは以下。Pixel 4aと同様、ディスプレイ上部にパンチホール式の前面カメラを備えていることがわかります。

また、ツイートに「映画の高速ダウンロードや、プロ級の写真撮影を楽しもう」と記されていることから、Pixel 5は5G接続とカメラ性能に焦点を当てていることがわかります。さらに、Pixel 4以前に存在した大型モデル「XL」についての言及がなかったことから、Pixel 5 XLは存在しないと推測されています。

Pixel 5と5G対応のPixel 4aは、日本時間10月1日午前3時から開催される「Launch Night In」で、Nest Audio スピーカーや新型Chromecastなどと一緒に発表される見込みです。

もっと見る...

今月末発売予定のGoogle新フラッグシップ機「Pixel 5」の詳細が明らかに

9月末の発売が予定されている、Google「Pixel 5」のスペック詳細を、独メディアWinFutureがすでに投稿しています。

魅力的なプレミアムミッドレンジ機となるか

Google Pixel 5は5G対応で、6.0インチのフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイ(2,340 x 1,080ピクセル)を搭載し、画素密度は432PPIで、パネルは19.5:9のフォーマット採用となる見通しです。

画面のリフレッシュレートは最大90Hzで、Gorilla Glass 6コーティングが施されているようです。

自撮りカメラは、以前公式レンダリングとみられる画像が流出した際と同じく、パンチホール型となっています。ディスプレイは24ビットの色深度をサポートし、HDRにも対応しています。指紋認証はディスプレイ内には埋め込まれておらず、デバイス背面に取り付けられています。デバイス正面下部の“アゴ”は非常に狭くなっています。

大容量バッテリーを搭載

システム・オン・チップ(SoC)は、Qualcomm Snapdragon 765G搭載で、モデムチップはサブ6Ghzの5Gに対応しています。8GBのRAMと128GBの内部ストレージを搭載しており、セキュリティモジュールTitan Mにも対応しています。

メインカメラは、ソニーのセンサーを搭載した1,220万画素のカメラで、デュアルピクセル位相差AFをサポートしています。その他にも、1,600万画素の広角カメラ、800万画素のカメラを搭載しており、最大240FPSの1080p、最大60FPSの4K動画撮影が可能となっています。

バッテリーサイズは4,080mAhで、最大18ワットでの充電が可能です。Pixel 5は100%リサイクルアルミニウムでできており、IP68の耐水・耐塵性能があります。

気になる販売価格ですが、ドイツで629ユーロ(約77,200円)で販売される予定です。

もっと見る...

「Galaxy Z Fold2」よりも安価な折りたたみスマホ「FlexPai2」登場

中国のRoyoleは9月22日、ディスプレイが折りたためるスマートフォン「FlexPai 2」を発表しました。2018年秋に発表された初代モデル「FlexPai」はスペックや本体仕上げ、ディスプレイ品質が満足いくものではありませんでしたが、新製品のFlexPai 2はサムスンのGalaxy Z Fold2と肩を並べられるほど大きな進化を遂げています。

初代FlexPaiが発表されたのは2018年11月1日。年明けの2019年1月にラスベガスで開催されたCES2019で華々しく実機が展示され「世界初の折りたたみスマホ」として一躍脚光を浴びました。しかしサムスンから「Galaxy Fold」、ファーウェイから「Mate X」が発表されると、FlexPaiは「ヒンジのカーブが大きく完全に閉じられない」「樹脂背面とゴムのヒンジのカバーが安っぽい」そして「UIが折りたたみディスプレイを生かしきれていない」ことなどから、市場での存在感をあっという間になくしてしまったのです。

今回発表されたFlexPai 2はそれらの欠点をすべて克服しただけではなく、5Gへの対応や高級仕上げのボディーなど高性能かつ高品質を両立しています。初代モデルからの改善点は大きく3つあります。

1.ディスプレイの改善

FlexPai 2のディスプレイサイズはFlexPaiと同じ7.8インチで、解像度は1920x1440ピクセルですが、ヒンジ構造とデザインは大きく進化しています。

初代FlexPaiのディスプレイはヒンジ部分のカーブ半径が大きく、完全にたたむことはできず厚みも数cmとポケットにすっぽりと納めるには難しい大きさでした。手の小さい人にはヒンジ側を持つことがやや難しい大きさだったのです。同じスタイルでディスプレイを山折りするファーウェイMate Xはぴたりとディスプレイを閉じることができたため、FlexPaiは同じ折りたたみスマートフォンとして見劣りしてしまいました。

しかしFlexPai 2では閉じたときに完全にディスプレイを閉じることができ、閉じた形状はカメラのでっぱり部分を除くとフラットになりました。FlexPaiと比較して厚みを40%も低減したとのことです。これならシャツの胸ポケットにも入りそうです。

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。