売れ筋ランキング

D500E005P
3688 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
4800 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
3688 円

Ryzen Mobile搭載で性能良好! ビジネスノートとして魅力的な「ThinkPad X13」

レノボ・ジャパンから、AMD製CPU「Ryzen Mobile 4000シリーズ」を搭載する本格モバイルノートパソコン「ThinkPad X13 Gen1(AMD)」が登場した。

レノボ・ジャパンの製品にかぎらず、モバイルノートパソコンではIntel製のモバイル向けプロセッサを採用する製品が大多数を占めているが、Ryzen Mobile 4000シリーズの登場以降はその状況が変わりつつある。

ThinkPad X13 Gen1は、第10世代Coreプロセッサー搭載モデルが登場済みだが、今回は新たに追加されたRyzen Mobile 4000シリーズ搭載モデルを取り上げる。すでに発売中で、通常の直販価格は178,200円からだが、現時点ではeクーポン適用価格で99,792円からで提供されている。

外観はIntel製CPU搭載モデルとまったく同じ

ではまず、ThinkPad X13 Gen1(AMD)の外観から見ていこう。

ThinkPadシリーズと言えば、“弁当箱スタイル”としておなじみの、ひと目でThinkPadとわかるデザインが基本となっている。もちろん本機もその点は同じで、マット調のブラックを基調とするフラットかつ直線的な、伝統的ThinkPadスタイルを踏襲している。

目新しさはないかもしれないが、ビジネスシーンでの利用が中心のThinkPadシリーズでは、この変わらない落ち着いたデザインに強い安心感がある。

筐体素材には樹脂を採用。Intelモデルではトップカバーにカーボン素材を選択することで、薄型軽量化を追求できるが、AMDモデルではカーボン製のトップカバーは選択できないようだ。

サイズは約311.9×217.2×16.9mm(幅×奥行き×高さ)となっており、これはIntelモデルで樹脂製トップカバーを採用した場合とまったく同じ。今回は実際にIntelモデルとの比較はできなかったが、基本的にデザイン、サイズともIntelモデルとAMDモデルとの間に差異はないと考えていいだろう。

重量は、搭載するディスプレイの種類によって変わるが、もっとも軽量となるフルHD・タッチ非対応液晶パネルを搭載した場合で公称約1.28kgからとなっている。

もっと見る...

165Hz/1msの高速描画に対応する27型曲面ゲーミング液晶、MSI「Optix MAG270VC2」

Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2020年8月28日(現地時間)、リフレッシュレート165Hz、応答速度1msに対応する27型曲面ゲーミング液晶ディスプレイ「Optix MAG270VC2」を発表した。

曲率1800RのVAパネルを採用

曲率1800RのVAパネルを採用した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ。リフレッシュレート165Hz、応答速度1msの高速描画に加え、ディスプレイ同期技術Adaptive Syncに対応。動きの激しいレースゲームや、一瞬の判断ミスが命取りになるFPSゲームなどに向く。

また本体デザインには、マルチディスプレイでも継ぎ目が気にならない3辺狭額縁デザインを採用。さらにDCI-P3 95.66%、sRGB 122.18%の広色域表示をサポートしており、より原色に忠実かつ没入感のある映像でゲームを楽しめる。

もっと見る...

「Ryzen Mobile 4000」シリーズ+GeForceを搭載する15.6インチノートPC「GALLERIA GR」の実力を検証!

近年、ノートPC向けCPUでも存在感を増しつつあるAMD製CPU。特に最新世代のAPU(GPU内蔵のCPU)である“Renoir”こと第3世代Ryzen Mobileは、デスクトップ顔負けの性能を誇る8コア/16スレッド構成の「Ryzen 7 4800H」、エントリー~ミドルスペックのノートPCで採用例が増えている「Ryzen 5 4600H」など、魅力的なモデルが多いと言えるだろう。

(株)サードウェーブの販売するゲーミングPCブランド「GALLERIA」の15.6インチゲーミングノートPC「GALLERIA GR」は、そんなAMD製の第3世代Ryzen Mobileを搭載し、GPUにNVIDIAのGeForceシリーズを組み合わせた手堅い性能が特長のモデル。同シリーズはスペックが異なる複数の製品をラインアップしているが、この記事では「GR2060RGF-T」および「GR1650TGF-T」のサンプルをもとに、実際の外観や性能をチェックしていこう。

筐体は共通、スペックのみ異なる2モデル

「GR2060RGF-T」および「GR

もっと見る...

E-ATXマザーボードも搭載できるミドルタワーPCケース、MSI「MPG SEKIRA 100」

MSIのハイエンドゲーミング「MPG」シリーズより、ミドルタワーPCケースの新作「MPG SEKIRA 100R」がリリース。ちなみに現時点では、国内市場での販売アナウンスは出ていない。

以前詳細検証をお届けした「MPG SEKIRA 500」シリーズの下位モデルで、E-ATXフォームファクタに対応しながら、本体サイズは幅215mm、奥行き420mm、高さ475 mmへと大幅に小型化されている。

ドライブベイは2.5インチシャドウベイx2、2.5/3.5インチシャドウベイx2、拡張スロットは7段で、有効スペースはグラフィックスカードが全長340mm、CPUクーラーが全高170mm、電源ユニットが奥行き最高250mm(3.5インチベイなしの場合)。

冷却ファンはフロント120mmx3または140mmx2(ARGBファンx3標準)、リア120mmx1(ARGBファン標準)、トップ120mm/140mmx2。ラジエターはフロントが360/280mm、トップが240mm、リアが120mmまでサポート。I/OポートはUSB3.2 Gen.

もっと見る...

ASUS,Ryzen+GeForce搭載の「ROG Strix G15 G15DH」など,ゲーマー向けデスクトップPC計2製品を発売

2020年8月7日,ASUSTeK Computerの日本法人であるASUS JAPAN(以下,ASUS)は,ゲーマー向け製品ブランド「Republic of Gamers」より,デスクトップPC「ROG Strix G15 G15DH」と「ROG Strix GL10CS」を8月8日に発売すると発表した。

いずれもスリムタイプの筐体を特徴とするデスクトップPCだ。ROG Strix G15 G15DHは,CPUにRyzen Desktop 3000」シリーズを,GPUにGPUにTuring世代のGeForceシリーズを搭載する。一方のROG Strix GL10CSは,CPUにCore i5-9400Fを,GPUにGeForce GTX 1650を搭載している。それぞれの製品ラインナップは以下のとおり。

●ROG Strix G15 G15DH

G15DH-R7R2060S512:Ryzen 7 3700X,GeForce RTX 2060 SUPER,14万727円(税込15万4800円)

G15DH-R7G1660T512:Ryzen 7 3700X,GeForce GTX 1660 Ti,12万7091円(税込13万9800円)

G15DH-R7G1660S:Ryzen 7 3700X,GeForce GTX 1660 SUPER,12万2545円(税込13万4800円)

G15DH-R5G1660S:Ryzen 5 3600X,GeForce GTX 1660 SUPER,10万4364円(税込11万4800円)

●ROG Strix GL10CS

GL10CS-I5G1650N512:Core i5-9400F,GeForce GTX 1650,9万9818円(税込10万9800円)

最新ゲームもゲーム配信もラクラク楽しめる

AMD Ryzenプロセッサー搭載の「ROG Strix G15 G15DH」及び

インテル Coreプロセッサー搭載の「ROG Strix GL10CS」の

ゲーミングデスクトップパソコン計5モデルを発表

ASUS JA

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~1 - 2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7 - 10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)