売れ筋ランキング

D500E005P
5675 円
D500E005P
4385 円
D500E005P
12682 円
D500E005P
4800 円
D500E005P
3688 円

SSD/フルHD液晶の15.6型ノートPCで5万円前後、Acerが5月23日に発売

日本エイサーは、スリムでスタイリッシュな15.6型ノートPC「Aspire 3シリーズ」でSSDのストレージとフルHD液晶を搭載した「A315-53-N24U/K」を5月23日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は5万円前後。

A315-53-N24U/Kは、高速処理のSSDとして256GB、CPUがインテル Pentium Goldプロセッサーを搭載。フルHDパネルによって、写真や動画・ゲーム画面などを細部まで鮮明に映し出すほか、画面の明るさや彩度を映像の種類によって最適化する「Acer Color Intelligence」を搭載している。テンキーが付いていて、家計簿や計算表管理などに便利だ。

もっと見る...

Acer、HDR 400/144Hz対応の27型ゲーミングモニター

日本エイサーは、VESA DisplayHDR 400規格対応でWQHDパネル搭載の27型ゲーミングモニター「XV272UPbmiiprzx」を5月23日より発売する。メーカー希望小売価格は 5万3000円前後(税抜)。

WQHD解像度(2560×1440)の27型ワイドパネルは、VESA DisplayHDR 400規格に対応。色域はDCI-P3 カラースペース カバー率95%を実現し、原色に忠実なカラークオリティと色ムラのない均一な映像を再現するとしている。HDR 10にも対応する。コントラスト比は最大100000000:1(ACM)、通常1000:1。

リフレッシュレートは144Hzに対応し、またAMD Radeon FreeSyncテクノロジーを搭載。画像の表示遅延や入力レーテンシーを可能な限り短縮することで滑らかなゲームプレイを実現するという。

簡易カラー調節機能は従来のR、G、B(赤、緑、青)にC、M、Y(シアン、マゼンタ、イエロー)を加えた6色の彩度、色相をそれぞれ調節可能。フルで色域調整できるため映像編集やアニメーションデザイナーにも最適だとアピールしている。

11段階から黒の強弱を調節し、暗がりの視認性を高める「Black Boost 機能」を搭載しており、暗がりに隠れている敵を瞬時に見つけ出すことができるなど戦闘態勢を優位にできるとのこと。また、ゲームの種類や場面に応じて映像表示方法をカスタマイズできる「GameViewモード」を搭載。ゲームのジャンルやシーンに応じて、8つのモードから最適な映像表示でプレイを楽しむことができるとする。

さらにパネルが非光沢のComfyViewであることに加え、フリッカーレス機能、ブルーライトシールド機能、ローディミング機能を搭載することで、目が疲れにくく、長時間のゲームプレイや映像鑑賞を快適に楽しめるという。

スタンドありの状態での外形寸法は614W×521H×233Dmmで、質量は6.46kg。

もっと見る...

立って使う2in1 PCなら「Surface Go」っていいじゃん

日本マイクロソフトの「みんなが知っているSurface」シリーズのラインアップで、2in1 PCは性能重視の「Surface Pro」と携帯性に優れた「Surface Go」に分かれている。そして、下手をするとクラムシェル型の「Surface Laptop 2」より、Surface Pro 6がパワフルだったりすることもこの連載で測定したベンチマークテストのスコアが物語っている。

そういった意味でSurface Pro 6は、筆者家人などから「んんー、画面が小さいけれどね」とか言われつつも、処理能力の点では問題なく、学生さんや企業ユーザーを中心に広く普及している。それゆえに、2in1 PCのカテゴリーを自ら確立してそのトップグループに君臨しているといってもいい。

不遇ともいえるSurface Goだが

で、だ。

もう一方のSurface Goだが、これがなかなかパッとしない評価が多かったりする。そもそも、日本では「最初のSurface」として登場した「Surface RT」がいたって不評だった過去もあり(とはいえ、これはSurface RTがどうのこうのというよりWindows RTがどうのこうの案件だったのだが)、携帯重視のSurfaceラインアップにおいては、どうしても斜に構えてしまうという事情もあったりはする。

Surface Goについても、CPUが2コア4スレッド(1.6GHz)のPentium Gold 4415Yなので「メインPCとして使うには処理能力不足」という意見は多く、日本の一般向けモデルではオフィススイート(PIPC版のOffice Home & Business 2016)が付属するために、4GBのメモリと64GBのストレージという最廉価モデルでも6万3504円(税込、以下同)となってしまう。

なお、Surface Goの価格に関する詳細は鈴木淳也氏の考察が参考になるのでぜひご覧いただきたい。

Surface Goの立ち位置を考える

だが、しかし。

「そもそもSurface Goって、メインPCとして使うデバイスなの?」という疑問が頭をもたげる。そもそも、2in1 PCに対するユーザーの

もっと見る...

MacBook ProのDockをTouch Barに複製するアプリ『Pock』

MacBook ProのTouch Bar、不要だと思っていませんか?

そんなTouch Bar、実際使ってみると、そんなに悪いものではありません。出たり消えたりを繰り返しながらも誰も買わない夢の「OLEDキーボード」と同じで、小さなディスプレイの存在により、生産性向上も、おバカな体験も可能なのです。

macOSのDockをTouch Barに複製

筆者が最近知ったTouch Barアプリの1つに、Pockがあります。MacOSのDockをTouch Barに複製するアプリです。

Dockの真下に第2のDockがあるのは少し不思議な見た目ですが、第1のDockを自動で最小化しているときに、第2のDockが真価を発揮します。

常時表示のDockの便利さを活かしつつ、画面を少し広く使えるからです。もちろん、もともとTouch Barにあるボタンは使えなくなってしまうので、それでよければですが(Control Stripを展開すればFnキーは使えます)。

生産性が高まるのは間違いなし?

第2のDockは、本物のDockとほとんど同じ働きをします。

アイコンをタップすればアプリが立ち上がり、開いているアプリにはインジケーターが表示され、現在使用中のアプリは四角で囲まれます。

赤い丸の通知バッジも表示されますが、中に数字は入りません(ちょっと残念ですが、許容範囲です)。

Pockの設定では、第2のDockの通知バッジのリフレッシュ頻度を設定できます。

ほかに、macOS起動時にPackを立ち上げるかどうか、Pack起動時にToch BarのControl Stripを完全に隠すかどうかなどの設定も可能です。

もっと見る...

NEC、第8世代Core搭載の「LAVIE Note NEXT」新モデルなど2019年夏ノートを投入

NECパーソナルコンピュータは5月14日、2019年夏モデルとなるノートPC「LAVIE Note NEXT」「LAVIE Note Standard」の新モデルを発表、5月16日から順次販売を開始する。いずれも価格はオープンだ。

“ホームノートPC”モデルのLAVIE Note NEXTシリーズからは、15.6型ノートPCの新モデル「NX850/NA」「NX750/NA」シリーズを発表。ともに6コアCPUのCore i7-8750Hを標準で搭載、上位モデルのNX850/NAシリーズは256GB SSD+1TB HDDを備えるデュアルストレージ構成となっている。本体カラーバリエーションは“グレイスブラックシルバー”“プラチナホワイト”“クレストゴールド”の3色を用意した。

LAVIE Note Standardシリーズからは、15.6型モデルの「NS150/NA」シリーズと「NS100/N2W」を用意。ともにCPUとしてデュアルコアのCelron 4205Uを搭載したエントリーモデルで、液晶ディスプレイの左右ベゼルを狭額化し従来モデルから筐体の小型化を実現している。本体カラーは“カームレッド”“カームホワイト”“カームブラック”の3色展開だ(NS100/N2Wはカームホワイトのみ)。

もっと見る...
■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~1 - 2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7 - 10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)