売れ筋ランキング

D500E005P
3000 円
D500E005P
3600 円
D500E005P
6299 円
D500E005P
5800 円
D500E005P
6299 円

使っていないデバイスこそ、定期的に充電したほうがいい理由

いデバイス

Nintendo Switchを定期的に充電しないと、バッテリー寿命に悪影響の可能性があると警告しました(今回の場合は最低半年に1回程度)。


問題を回避するのは簡単です。バッテリーがなくなるほど使っていない場合でも、年に2回程度はNintendo SwitchやNintendo Switch Liteを充電すればいいのです。ただ、この問題はNintendo製品に限ったことではありません。


デジカメやモバイルバッテリーも同じことが言える

充電式バッテリーのガジェットはどれも、たまにしか使わないとしても、様々な問題を避けるために定期的に充電する必要があります。


バッテリーの中には、長時間空の状態のままだと、充電を保てなくなるものがあります。


また、最終的に科学反応を起こすバッテリーもあり、それが爆発につながる可能性もあります。


あまり頻繁に使わなかったり、買い換える可能性の低いデバイスが、一番この危険性が高いです。


たまに無性にやりたくなる時だけ取り出す古いプレイステーション・ポータブルや、夏のキャンプの時にしか使わないモバイルバッテリー、大学時代に買って、それ以来ずっと持っているデジタル一眼レフカメラのバッテリーなど、身の覚えのあるデバイスがないか考えてみましょう。


いデバイスを保管するときの注意点

充電をしたほうがいい期間や間隔は、デバイスやバッテリーの種類によって違いますが、使用頻度の低いデバイスは、3〜6カ月に1度は充電するのをおすすめします。


できれば、古いデバイスは、50%ほど充電された状態で片付けるようにしてください。


バッテリーの容量に影響があるかもしれないので、片付けるだけならフル充電する必要はありません(また、保管場所は涼しく乾燥したところが理想的です)。


とはいえ、数ヶ月、もしくは数年使っていなかった物を、慌てて充電するのもやめてください。


中には、安全な状態ではないバッテリーもあるかもしれません。


特にクローゼットや熱い倉庫の中に長年眠っていた古いデバイスのバッテリーは、膨らんだり、割れたり、腐食したり、バッテリーの酸が漏れたりしていないかチェックしましょう。

*****ノートPCバッテリー

*****タブレット電池

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。