売れ筋ランキング

D500E005P
3000 円
D500E005P
3600 円
D500E005P
6299 円
D500E005P
5800 円
D500E005P
6299 円

Google Meetのモバイルアプリにある、便利な機能5つ

Google Meet

会議の前にオーディオやビデオを設定する

アプリを初めて使うときは、Web会議に参加する前に、オーディオとビデオの基本的な設定を行います。


画面の下部にあるマイクとカメラのアイコンをタップして、それぞれのオンとオフを切り替える。

スピーカーアイコンをタップして、オーディオ出力を電話、スピーカー、ヘッドホン(接続されている場合)から選んだり、音声を完全にオフにすることができる。(会議中にカメラを切り替えるには、[…]>[カメラを切り替え]をタップ)


Web会議を始める準備ができたら、[新しい会議]をタップして会議を作成するか、[会議コード]をタップして、会議に参加しましょう。


画面の下部には、すでに参加している進行中の会議と、今後予定されている会議が表示されます。


ノイズキャンセリングをオンにする

Googleは、環境音によって会話が聞こえづらくならないよう、非常に便利なノイズキャンセリング機能を最近追加しました。


[設定]をタップする。

[ノイズキャンセル]をオンにする。

ノイズキャンセリング機能は、会議前でも会議中でもオン・オフの設定を切り替えられます。


Googleは、音楽やそのほかのオーディオ音にも干渉する可能性があるとしているので、通話中に楽器を演奏したりする場合があるなら、この機能はオフに設定しましょう。


自動字幕をオンにする

Google Meetでは、発言が自動で文字に変換される、自動字幕機能を使うことができます。これは、YouTubeや一部のAndroidデバイスで見られる音声認識技術と同じものです。


字幕は完全に正確というわけではありませんが、ほかの人の声が聞こえづらかったり、音量を上げられない状況のときに役立ちます。


会議中に字幕をオンにするには:


画面の上部にある[CC]アイコンをタップする。

または、[…]をタップし、[字幕をオンにする]をタップする。


画面を共有する

画面共有機能を使うと、自分のデバイスの画面を会議のメンバー全員と共有できます。


共有した画面はビデオフィードで表示されるので、プレゼンを行なったり、その他のコンテンツを見せている間も、自分の顔や声は引き続き表示されます。


背景のぼかし機能は、現在、デスクトップアプリでのみ利用できますが、AndroidとiOSでも「間もなく登場」する予定です。使い方はデスクトップ版と同じになるでしょう。

*****ノートPCバッテリー

*****タブレット電池

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。