売れ筋ランキング

D500E005P
3000 円
D500E005P
3600 円
D500E005P
6299 円
D500E005P
5800 円
D500E005P
6299 円

Macの動作をサクサクにする10の方法|これでダメなら買い替えも検討しよう

Mac

macOSをできるだけ信頼でき、使い勝手のいいものにしようという企業努力のおかげで、Macはあまりメンテナンスをする必要がありません。


それでも、前よりも速く、スムーズに動かすために、たまにはMacの調整をしたほうがいいでしょう。


調整というのは、古いファイルを削除したり、ハードディスクの問題を修復したり、CPUに負荷をかけるアニメを無効にしたりすることも含みます。


Macの調整のやり方がわからない人は、以下の手順にしたがって、 MacBook、iMac、Mac mini、Mac Proを前よりも速く動くようにしましょう。


1. 空き容量をつくる

Macに搭載されているストレージの大きさに関わらず、Macがスムーズにきちんと動作できるよう、最低でも10%は常に空けておきたいところです。


Appleメニューの「このMacについて > ストレージ」を開き、現在のストレージの使用量を確認しましょう。ストレージの使用量は、システム、書類、写真など、ファイルの種類別に表示されます。


空き容量が少ない場合は、「管理...」をクリックすると対策が表示されます。


また、容量を確保する最善の方法が載っている、Macの容量を空けるためのガイド記事もチェックしてみてください。


古いアプリのアンインストール、大容量ファイルを見つけて削除、書類をクラウドに移す方法などを紹介しています。


2. アクティビティモニタを確認

macOSのビルトインのアクティビティモニタは、どのアプリがパソコンのエネルギーを使っているかを表示。Macの動作を遅らせているアプリを確認することができます。


アプリケーションにあるユーティリティフォルダから、もしくはSpotlight(Cmd+スペースキー)で検索して、アクティビティモニタを起動しましょう。


そこで、CPUタブを開き、「%CPU」の数値が大きなアプリやプロセスを見つけます。また、メモリタブで、アプリやプロセスのRAMの使用量を確認することもできます。


CPUやエネルギーを多く使っているアプリやプロセスを見つけたら、それを選択し、左上の停止アイコンをクリックして終了します。


macOSにダメージを与えないためにも、自分がよく知っているアプリやプロセスだけを終了しましょう。


*****ノートPCバッテリー

*****タブレット電池

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。