売れ筋ランキング

D500E005P
4800 円
D500E005P
4800 円
D500E005P
6399 円
D500E005P
3688 円
D500E005P
3688 円

パソコンの壊し方まとめ!ハードディスクの物理的な破壊でデータを消去

パソコンを長く使用していると、いずれ新しいものへ買い替える時期がやってきます。その際には、古くなったパソコンを廃棄する必要も出てくるでしょう。パソコンを破棄する方法は複数ありますが、いずれの手段を取る場合でも内部のデータを完全に消去することが大切です。この記事では、パソコンを破棄する際にデータを消去することが重要な理由や、データの安全で確実な消去方法などについてご紹介します。


・ソフトウェアでデータを消去

パソコンがまだ動く場合は、データ消去用ソフトウェアを使ってデータを消去しておきましょう。「無意味なデータをハードディスクに書き込む」「ハードディスク領域を初期化する」などの方法で、データをサルベージできない状態で消し去ってくれます。


・自分でハンマーを使ってハードディスクを物理的に破壊

パソコンが起動せず、ソフトウェア的にデータを消去できない場合は、物理的にハードディスクを破壊する方法が有効です。ハードディスクのデータ記憶部分は、プラッターと呼ばれ、この部分をハンマーでたたくことにより破壊することができます。


パソコンの筐体をあけて、ハードディスクを取り出す手間があり労力もかかりますが、個人でハードディスクを破壊するには最もやりやすく確実な法です。


・自分でドリルを使う場合は複数個所に穴をあけて破壊

ドリルを利用できる場合は、ハードディスクに穴をあけて破壊することも可能です。プラッターも含めてドリルで穴をあける場合は、1ヵ所だけでなく、複数個所に穴をあけます。中心から少し離れた場所で、いくつかの穴をあけていきましょう。


・物理破壊機や磁気による物理的な破壊

その他、物理的に機械を破壊する専用機や、強力な磁気もハードディスクを物理的に壊せる方法です。ただし、この方法は個人では対応が難しく、専門業者に依頼しなければなりません。


パソコンの壊し方として不確実な方法は避けよう


ここまで、パソコンのハードディスクの物理的な破壊方法を説明しました。しかし、壊せそうで、実は壊せない方法もあります。パソコンの壊し方として推奨できない方法を2点ピックアップしました。


・水没や電子レンジによる加熱では記憶領域を壊せるとは限らない

「パソコンは水に弱い」というイメージから、「水没すればハードディスクも壊れる」と考える人もいるかもしれません。しかし、実は必ず破壊できるとは限りません。なぜなら、データ自体は読み出せなくなりますが、データを実際に保存しているプラッターまで破損できるとは限らないからです。


プラッターを水に濡らすだけでは、確実に壊したとはいえません。電子レンジで加熱することにより、発生する電磁波でデータを破壊しようとする人もいます。しかし、ハードディスクのデータは、電子レンジ程度の弱い電磁波では破壊できません。非常に強い磁気を発する専用機器があれば、保存データを破壊できます。

*****ノートPCバッテリー


*****タブレット電池

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。