売れ筋ランキング

D500E005P
3500 円
D500E005P
4500 円
D500E005P
3500 円
D500E005P
5500 円
D500E005P
6250 円

Wi-Fi 6対応の安価な無線LANルーターを導入、メリットは離れた場所の安定度

Wi-Fi 6,無線LANルーター

無線LANの進化がゆるやかになってだいぶ経つ。かつてIEEE 802.11gや11nが登場したときは次々に新規格が発表されていて、発売前から検討に検討を重ね、良い機種が出たときにはすぐ購入することにしていた。しかし、今ではWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に急いでするほど無線LANの速度に困っていない。しかも、有線LANで済むなら有線ですませたい固定派である筆者は急いで最新の無線LAN規格を導入するつもりもなかったのだ。

 そして、そもそもの問題として、Wi-Fi 6対応のパソコンやスマートフォンが手元になかったということもある。親機側だけ対応していても子機側が対応していなければ意味がない。筆者にとってそのWi-Fi 6対応機器となる第2世代のiPhone SEが手元にやってきたのはつい最近だった。

 Wi-Fi 6対応の無線LANルーターはすでにたくさん登場していて、そして、機器メーカーの顔ぶれも昔とは変わっている。アンダー1万円のものを出しているのはTP-Linkとファーウェイ、バッファロー、アイ・オー・データ機器で、そのうち新しいセキュリティのWPA3対応の最安機器ということと、なんとなく馴染みのあることでバッファローのWSR-1800AX4に決めた。

 Wi-Fi 6といっても速度はさまざまで、ローエンド機種では5GHz帯の速度は1201Mbpsで、それはこのWSR-1800AX4も同じ。購入金額は約7000円で、最安クラスの製品はほかにTP-linkのAX10もあるが、こちらはWi-Fi 6は5GHz帯のみの対応のほか、WPA3にも対応していない。

 また、予算を少し足すと5GHz帯の速度が2402Mbpsの機種もあるが、Wi-Fi 6対応の子機が複数あるなら選んでもいいかもしれない。しかし、もう少し予算を足して5GHz帯が4804Mbpsの機種を選ぶとストリーム数が増え、従来のWi-Fi 5機器が多い環境でも速度低下が抑えられて有利だ。筆者も迷っていて、4ストリーム機種のなかで登場したばかりのバッファローのWSR-5400AX6にしようかと悩んでいた。

そして、速度のことばかりが注目されがちの新規格だが、無線部分の技術や性能が新しくなるメリットもある。特にスマホの場合、スピードテストでギガbpsに近い数字を出したとしてもそれが役に立つコンテンツもなく、アプリのダウンロードにしても、そんな速度でデータが落ちてきたことを見たこともない。であれば、離れた場所での安定性が上がるほうがメリットが大きい。

と、ローエンド機種購入の言い訳を並べてみたわけだが、いよいよ実際に使ってみたい。

 試した光回線はルーターも回線付属のものを使うことが強制され、自前のルーターは利用できない仕組み。そのため、アクセスポイント接続のモードで試した。

最初に試したのはWSR-1800AX4の至近距離で、速度測定アプリSPEEDTESTで測った下りが344Mps、上りが605Mbps。しかし、これまでのWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)で最大867Mbpsの無線LANルーターでは、下り423Mbps、上り517Mbpsと下り速度はWi-Fi 5に劣ることになってしまった。

 これでは最新のWi-Fi 6にした意味もないと一度は落胆したものの、壁一枚、二枚と離れていくと速度差に変化が出て、壁三枚くらい離れたところからだと、Wi-Fi 6のWSR-1800AX4は下り220Mbps、上り124Mbpsと速度あまり落とさないものの、従来のWi-Fi 5は下り60.9Mbps、上り56.7Mbpsと大きくパフォーマンスを落としてしまった。

 つまり、WSR-1800AX4でのメリットは離れた場所での速度や安定度が増すという効果があった。実際の利用シーンを考えてみると、至近距離の通信が速くてもあまり意味はなく、むしろ家中のどこでも安定して使えるのは何よりうれしいことだ。

一方で気になっていたWPA3のパフォーマンスは、通常のWPA2に比べると速度が落ちる結果になっている。やはりセキュリティ処理が重く、無線LANの親機側かスマートフォン側、またはその両方に負担がかかり、ボトルネックが発生してしまったようだ。当面はこのネックの解消がWPA3普及のカギになるのかもしれない。

無線区間の最高速度をアップさせるにはWSR-1800AX4には力不足だったのかもしれないが、離れた場所の安定度と速度アップという点では、Wi-Fi 6の恩恵は十分だ。

 現時点でAndroidスマートフォンでのWi-Fi 6対応は、ハイエンド中のハイエンド機種に限られてしまうが、iPhoneなら第2世代のiPhone SEで利用できる。ノートパソコンも最新の性能重視の機種に買い換えればWi-Fi 6に対応しそうなので、Wi-Fi 6対応の無線LANルーターは買ってよかったと思う。

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。