売れ筋ランキング

D500E005P
7099 円
D500E005P
7500 円
D500E005P
18999 円
D500E005P
9200 円
D500E005P
9500 円

iPhone 12(仮)、売上は期待外れに?5Gインフラ整備にかかっているとのアナリスト予測

iPhone 12

アップルにはどうしようもありません

iPhone 12(仮)シリーズ、すなわち2020年の主力モデルは少なくとも一部は5G対応が確実視されており、それにより出荷が劇的に増えると楽観視する見方もあります。

それに対して、5G対応iPhoneは米国携帯キャリアのインフラ整備が遅れる見込みのため、2020年内の売上は期待外れに終わるかもしれないとのアナリスト予測が語られています。

アップル関連の予測で知られるアナリストGene Munster氏は、米CNBCに「5G対応iPhoneにとって最初の年は、投資家にとって失望となるだろう」と述べています。「最終的にはアップルにとって大きなチャンスであり、5Gで大きな役割を果たすことになるが、(5Gの)ネットワークがカバレッジを展開するまでにはしばらく時間がかかるだろう」とのことです。

米国の携帯キャリアはおおむね、2020年末までには5Gのカバレッジが広がると楽観視しています。米9to5Macによれば、Verizonの幹部は2020年までに米国の半分が5Gにカバーされると期待しているとのことです。とはいえ、AT&Tは先週5Gの展開を10地域で開始したものの、LTEよりも大きな制約がある上に、通信速度もほとんど向上していないと伝えられています。

そうした事情があることから、Munster氏は5G対応iPhone 12の売上は「主に来年末までに(全米の)75%のカバー率を達成すると発言していたキャリアの肩に掛かっている。それ(75%のカバー率)は最良のケースの楽観だ」と述べています。つまりiPhone 12人気が期待外れに終わったとしても、約束どおりのカバー率を達成できそうにない通信キャリアの責任というわけです。

サプライチェーン筋の情報によると、アップルはiPhone 12の販売台数が1億台を超えると予測していると伝えられていました。それは5G対応に期待したユーザーの「スーパーサイクル」(大規模な買い替え需要)が織り込まれていると推測されますが、1億台といえばiPhone 11シリーズの推定売上である約8000万台から20%以上もの増加となります。

クアルコムとの和解により5Gモデムチップの調達に不安がなくなったアップルですが、5Gインフラに関しては自ら手が下せず、携帯キャリアの努力を待つほかありません。それはサムスンなどライバル各社も事情は同じであり、経営陣は世界各地での5Gインフラ整備が公約どおりに進んでいるのか、情勢をやきもきして見守っていそうです。

■ お支払いについて

  ☆Paypal
  ☆クレジットカード


■ 返品・交換について

【返品・交換について】の条件をご確認いただき、商品到着後30日以内にまたメールでご連絡ください。 1年間の保証期間が付きます ! 

■ 営業時間: 平日9:00~18:00 (土、日、祝日はお休みを頂いております)

ご注文受付: 年中無休・24時間365日
※日・祝祭日はメール返信は定休日です。
※電話:034-578-9697
※メールボックス:info@pcdenchi.com

■ 送料と配送納期

商品はご注文確定後(代金決済完了後)当日~2営業日以内に出荷いたします,通常の配送日数に加え7~10日程度お届け日数がかかります。

■ 個人情報について

個人情報については、最大限の注意を払って管理しております。お客様に 無断で個人情報を集めたり、第三者に譲与、または公開する事はありませ ん。お買い物・お問い合わせなどで送信していただいた個人情報は、お客様 が同意された目的以外には一切使用いたしません。

■ バッテリー(充電池)についての豆知識

●初期動作確認(お買い上げ商品のご到着後は、先ずは初期動作確認をお願い致します。)
互換バッテリーを最初にご使用頂く際は、必ず最初に充電をお願い致します。

仮に充電器が「充電完了」(機種によりランプ指示や表示指示)との指示があったとしても
十分な充電時間(3~4時間)をとって頂いてからのご使用を推奨させていただいております。

●基本的にバッテリー(充電池)には寿命があります。
充電を重ねていく程に能力が低下していき、使用可能時間が短くな っていきます。

●使用頻度、充電回数、使用環境等により寿命に変化が現れます。
例えば、撮影経験が豊富な方、初心者の方では同じ使用時間でも撮影枚数に違いがあるように使われる方のそれぞれの用途に応じ、体感的にも違いが現れます。
また、使用環境にも影響され、低温になるほど使用可能時間が短くなる特徴もあります。(スキーや冬場、寒冷地などへのご旅行の際はご注意下さい。)

●長期使用しない場合は?
フル充電して数ヶ月放置していますと自己放電が進み、電圧や容量が低下してしまう場合があります。
長期間使われない時には、充電量を80%程度に保つなど、少し放電してからにしましょう。