• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

サングラス型のカメラデバイス「Spectacles3」国内発売。撮った写真や動画はWiFi経由でスマホへ

阪急メンズ東京と阪急百貨店で展示・販売。価格は5万600円

スマホアプリ「Snapchat」を手掛ける米Snapは12月5日、サングラス型のカメラデバイス「Spectacles 3(スペクタクルズ)」を日本国内で発売しました。価格は5万600円(税込)。阪急メンズ東京(有楽町)と阪急百貨店(大阪・梅田)の2店舗で販売されます。ちなみに国内での販売や展示を行うのは、欧州の有名百貨店でデジタルガジェットのセレクトショップを展開するSmartech(スマーテック)です。

Spectacles 3は、すでにアメリカやイギリスなど一部の国で販売されていますが、アジア地域では日本が初となります。

Spectacles 3▲Spectacles 3

Spectaclesシリーズの3世代目となる本製品。先代との大きな違いは、カメラを左右に2つ搭載したこと。静止画や動画を3Dで撮影できるようになりました。左右それぞれにあるボタンのどちらかを2秒間押すと静止画撮影ができ、素早く1度押すと動画撮影が始まります。動画撮影は1回につき10〜60秒。

ストレージ容量は4GBで、静止画なら1200枚、動画なら100本まで保存可能。解像度は静止画が1728×1728ピクセル、動画は1216×1216ピクセル、フレームレートは60fpsです。

Spectacles 3▲Spectacles 3は撮影中にLEDが点灯する

カメラレンズのフレームにはLEDが付いており、撮影中に点灯します。また、撮影した静止画や動画はWiFi経由でスマホへ転送できます。転送後は独自の3Dエフェクトを作成して追加できるほか、画面比率を変更したり、SnapchatやInstagramなどでシェアも可能です。

Spectacles 3
▲付属の「3Dビューアー」にスマホを挿入して、撮影した静止画や動画を3Dで視聴できる

デザインも先代から大きく変更されています。フレームは軽量なステンレス製になり、色はカーボン(ブラック)とミネラル(ベージュがかったゴールド)の2色展開です。
12月5日に開催された都内のイベントで米Snap社のDavid Nevick氏は、「Snapchatは若い世代を中心に利用されているSNSで、日常のシーンを切り取ってすぐにシェアできる。特にSpectacles3のミネラルは、フレームの色はゴールド系統の色だが、コスメティックな色彩のトーンにも近い。ファッションに敏感な若い男女に使って欲しい」とコメントしました。

Spectacles 3
▲左からDavid Wood氏(retail operations lead)、David Nevick氏(customer operations lead)