• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

実力のほどは? 2画面ゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」を試して分かったこと

デュアルスクリーンは将来、ノートPCにおいて普及が進む可能性があるテクノロジーの1つ。先日開催された「インテル・テクノロジー・ショーケース」においてデュアルスクリーンノートPCのコンセプトモデルが複数展示されていたことからも、その期待の高さがうかがえる。

今回は、日本HPのデュアルスクリーンゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」(通常直販価格39万9800円)を通してデュアルスクリーンの可能性を探っていこう。

セカンドスクリーンはキーボードの上

OMEN X 2S 15は、15.6型のゲーミングノートPCで、ストレージの構成によって「エクストリームモデル」と「エクストリームプラスモデル」の2モデルが用意されている。ストレージ構成以外のスペックは共通で、通常直販価格も39万9800円(税別)と同一だ。

ゲーミングノートPCということもあり、基本スペックは高い。CPUは「Core i9-9880H」(2.3G~4.8GHz、8コア16スレッド)で、GPUは「GeForce RTX 2080 with Max-Q」を採用している。メインメモリも標準で32GBを備えている。

デザイン的には、従来のOMEN 15シリーズを受け継いでおり、背面を独自にシェイプさせて、ディスプレイを高い位置に置いたゲーミングノートPCらしい造形となっている。

OMEN X 2S 15のデュアルディスプレイは、15.6型のメインディスプレイに5.98型のタッチ対応セカンドディスプレイを組み合わせた構成で、セカンドディスプレイはキーボードの上に配置されている。

メインディスプレイはフルHD(1920×1080ピクセル)のIPS液晶で、NVIDIAの可変リフレッシュレート技術「G-SYNC」に対応しており、最大144Hzで表示できる。大きさ的には、一般的なゲーミングノートPCと同じだ。

ベゼルに関しては、「狭額縁」と呼べるか微妙な所だが、左右の縁はやや狭めで、上部の縁にWebカメラ、下部の縁はパネルの高さを稼ぐためか幅広くなっている。

セカンドディスプレイもフルHDのIPS液晶となっており、最近のスマートフォンの画面とほぼ同じサイズ感だ。

ASUSの「ZenBook 15」が一般的なノートPCのタッチパッドを兼ねるセカンドディスプレイを搭載し、同社の「ZenBook Pro Duo」はキーボードの上からヒンジ近くまでをカバーする大画面のセカンドディスプレイを備えていることを考えると、OMEN X 2S 15のそれは両者の中間の発想を持つものだと思われる。

先述の通り、OMEN X 2S 15のサブディスプレイはキーボードの上にある。そのため、メインディスプレイとの視線移動の距離は短めだ。ただし、サイズが異なるので慣れは必要だろう。

ディスプレイはメインもセカンドもフルHDだが、画面サイズは大きく異なる。そのため、標準設定のスケーリング(拡大率)はメインディスプレイが125%、サブディスプレイが175%となっている。

セカンドディスプレイは普通のディスプレイとして認識されるため、ウィンドウを移動して表示することもできるが、複数のウィンドウを並べて使うには厳しい。フルスクリーンかつシングルウィンドウで活用するものという印象だ。

小さなディスプレイを大きく使えるユニークな機能

OMEN X 2S 15には、このセカンドディスプレイを活用するための機能が2つ搭載されている。

1つは、キーボードの右上にある4つのサブパネル用キーだ。左から「バーチャルテンキー」「バックライトオフ」「輝度調整」「ウインドウ切り替え」が割り当てられている。

ウインドウ切り替えキーは、押すごとにメインディスプレイとセカンドディスプレイの間をアクティブウィンドウが移動する。「これはメイン(セカンド)ディスプレイに表示したい」というものがあれば、ワンタッチで移動できるので便利だ。

もう1つは、OMENシリーズの統合ユーティリティーソフトウェア「OMEN Command Center」だ。本体のステータス監視や電源モードの切り替え、LED制御、マイゲーム(ゲームランチャー)といった機能を持っている。一部機能の利用には「HPアカウント」の登録とログインが必要となる。

OMEN X 2S 15のCommand Centerは、セカンドディスプレイに表示するとユーザーインタフェース(UI)がタッチ操作に最適なものに変わる。特に、電源モードの切り替えやマイゲームでは便利だ。

さらに1つ、面白い機能が、メインディスプレイにあるアクティブウィンドウの表示内容の一部を四角で切り出して、サブディスプレイで表示できる「リアルタイム画面ミラーリング」だ。Command Centerの機能の1つとして提供される。

レビュー期間中、この機能の効果的な利用法を探ってみたが、ユニークすぎて決定打が見つけられなかった……が、2つほど例を紹介しよう。

1つ目の例は、ゲームでの活用。メインディスプレイは15.6型ゆえ、ゲーム画面のステータス表示が多少小さいと感じることもある。そこで、この機能の出番だ。ステータス表示の部分を切り出すように指定すれば、セカンドディスプレイで拡大して見られる。

ただし、問題もいくつかある。

1つが、「DirectX」を使うゲームにおいて、メインディスプレイでフルスクリーン表示をすると、セカンドディスプレイのタッチ機能が無効化されてしまうこと。メインディスプレイのゲームがカーソルを「奪っている」状態なので、ミラーリングの設定操作を行えないのだ。

DirectXを用いるゲームでリアルタイム画面ミラーリングを利用する際は、「ボーダーレス表示」または「ウインドウ表示」で利用しなくてはならない。

もう1つが、一部のFPSゲームなどが、プレイ中にマウスカーソルを画面中央に固定してしまうこと。カーソルが固定されてしまうので、プレイ中に範囲選択をし直すことができない。

この場合、メニュー画面を表示するなどしてカーソル固定を解除すれば良いのだが、プレイ画面とメニュー画面で表示が切り替わる場合、どこを範囲指定すれば良いか迷ってしまうという課題がある。切り出したい情報の表示位置を覚えておいて見当をつけて選択するという、多少面倒なことが必要だった。

2つ目の例は、実用性はさておき、ミラーリングのユニークさを試すものとして紹介したい。Webブラウザに表示した動画の切り出しだ。

動画配信サイトの動画部分をミラーリングし、セカンドディスプレイで拡大表示をしてみた所、ブラウザ上の映像に被る形でほかのウインドウを重ねても、サブパネルの映像は欠けることなく表示された。

ブラウザ上の映像となると、それをセカンドディスプレイ上でフルスクリーン表示させた方がストレートではある。ただ、非アクティブウインドウの一部を常時表示させられるという機能自体は、さらに検証していけば活用方法が見つかりそうだ。

ちなみに、ブラウザで新規タブを開いた場合は、映像ではなく新規のタブが表示されてしまう。タブインタフェースを持つアプリケーションとの親和性はそれほど高くないかもしれない。

普通に「マルチディスプレイ」として活用するのも十分に“あり”だ。例えば、ゲームのプレイ動画を配信している時に、配信の様子や視聴者のコメントを同じノートPC上で確認できるといったメリットがある。チャットやSNSなども同様だろう。

セカンドディスプレイにゲーム攻略サイトを常に表示する、といった使い方もできる。ゲーム以外のシーンでも、音楽再生ソフトや映像再生ソフトをセカンドディスプレイに表示させておけば、快適に「ながら」作業ができる。

普通のゲーミングノートとしてもハイエンド

OMEN X 2S 15はゲーミングPCなので、当然スペックも強力だ。

CPUのCore i9-9880Hは、IntelのCPUとしてはメインストリームであるデスクトップ向けとコアとスレッドの数でひけを取らない。定格周波数も2.3GHzとモバイル向けだが、Turbo Boost時は最大4.8GHzと非常に高く、シングルスレッド処理にも強い。メインメモリはDDR4-2666の32GBを備える。

GPUは、先述の通りGeForce RTX 2080 with Max-Q。挙動を見る限り、OMEN X 2S 15ではCPUに統合されたGPU(UHD Graphics 630)は利用していないようだ。

Max-Qデザインを適用したNVIDIAのGPUは、モバイル向けに消費電力を抑えつつ、性能を最大化するようになっている。OMEN X 2S 15が搭載するGeForce RTX 2080 with Max-Qであれば、性能的には「ほぼGeForce RTX 2080」というイメージだ。

4K(3840×2160ピクセル)でのゲーミングは、相当軽いものでなければ厳しい。一方、フルHDでのゲーミングなら、「高画質設定」を狙えるだけのパフォーマンスは備えている。

冒頭で述べた通り、OMEN X 2S 15にはエクストリームモデルとエクストリームプラスモデルの2つがある。今回レビューした機材は後者で、ストレージとしてIntel Optane Memory H10(32GB+512GB)を搭載している。

Optane Memory H10は、Optane Memory(キャッシュに相当)とQLC SSDをSSDを一体化したユニークな製品。エクストリームプラスモデルに搭載されているのは、ラインアップの中位に相当する32GB Optane Memoryと512GB SSDを組み合わせたものとなる。

「CrystalDiskaMark 6.0.2」でベンチマークテストを実施した所、シーケンシャルリードは毎秒2358.6MB、同ライトは毎秒1315.7MBという結果になった。PCI Express 3.0 x4のNVMe SSDと考えるとそこまで高速ではないが、注目はランダムリード/ライト(4KiB Q1T1)の速度。リードが毎秒115.2MB、ライトが毎秒116.3MBと非常に速い。通常の操作でのレスポンスはすばやく感じられるはずだ。

これだけのスペックを備えていれば、他のベンチマークテストの結果も気になる所。順番に見ていこう。

まず、総合ベンチマークテスト「PCMark 10」でテストをした所、スコアは以下の通りとなった。

・総合スコア(通常):6387

・総合スコア(Extended):7954

・Essentials(家庭利用想定):10113

・Productivity(ビジネス利用想定):8899

・Digital Content Creation(画像・動画編集想定):9056

・Gaming:13271

いずれも、ゲーミングノートPCの中でも高めのスコアが並んでいる。

「CINEBENCH R20」によるCPU性能テストでは、CPUスコア(マルチコア)が3564ポイントと、ノートPCとして見ると素晴らしく高性能といえる結果となった。シングルコアのスコアは459ポイントで、こちらも相当に高い。

やはりゲーミングノートPCということで、3Dゲーミングのパフォーマンスも気になる。そこで「3DMark」でテストをしてみた。結果は以下の通り。

・Fire Strike:16635

・Time Spy:7137

・Port Royal(レイトレーシングのテスト):4010

今回のベンチマークは、パフォーマンスコントロールを「Performance」にして、ファンの回転数を自動調整するように設定して行った。ファンの回転数を最大に固定すると、少しスコアが伸びるようだ。

仮に「もう少しパワーを……」という場合は、動作音は大きさと引き換えになるが、ファンの回転数を最大とし、ヘッドフォンをしてゲームを楽しむと良いかもしれない。

より実際の3Dゲームに近いベンチマークテストをすべく、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」も試してみた。高品質設定で、解像度はフルHDで実行した所、スコアは7870ポイントで「快適」という評価となった。

スペックからも分かるように、フルHDでの3Dゲーミング性能は十分だ。より高画質の設定を狙っていける。

性能的にある程度の余裕があるため、サブパネルを生かした配信のような、「ゲーム+α」が十分に楽しめるわけだ。

ゲーミングPCらしいデザインとすぐれた冷却技術をパッケージ

再びデザインに目を戻そう。一般的な四角いノートPCとは異なり、OMEN X 2S 15は、液晶ヒンジ部分を台形に延長した、ゲーミングノートPCらしいデザインをしている。

昨今は15.6型モデルのゲーミングノートPCでも狭額縁化や小型化のトレンドが生まれつつあるが、この製品はそこまでコンパクト化を突き詰めているわけではない。確かにややスリムで狭額縁なのだが、基本的なデザインコンセプトは「海外メーカーの伝統的なゲーミングノートPC」といった感じだ。

ゲーミングノートPCでは定番のLEDランプだが、OMEN X 2S 15では、キーボードや天板のOMENロゴなどが発光する。設定はCommand Centerから行う。単色の他、パターン発光も可能だ。

天板部分は、製品名でもある「X」を模したデザインにOMENロゴを添えている。OMENシリーズであることがひと目で分かる個性的なデザインだ。

モバイルノートPCと比べると厚みはある。ただ、ひと昔前の製品と比べれば薄いだろう。実際、このスペックのゲーミングノートPCとして見れば本体はややスリムだが、今はこれ以上にスリムなモデルもあるというだけである。

底面の約半分ほどは通気孔が占めており、2方向から吸気し3方向に排気するレイアウトとなっている。ファンは流体軸受ベアリングを採用しており、静寂性を高めている。

昨今のゲーミングノートPCとしては珍しく、メンテナンスや拡張性も確保しているのはユーザーフレンドリーだ。

底面は1枚板なので、ネジを緩めればですぐに内部のメモリやストレージにアクセスできる。

レビューをする中で感心したのは、OMEN X 2S 15の優れた冷却性能だ。

OMEN X 2S 15のスペックは、先述の通りゲーミングノートPCとしては最上級といえる。最大消費電力も、230WのACアダプタを付属するぐらいなので相当高い。

しかし、ファンの回転数を「自動」にしておけば、同等かクラスの1つ低いGPUを搭載するゲーミングノートPCよりも静かに感じる。先述のファンの設計はもちろんだが、自作PCでも有名なThermal Grizzly製の熱伝導性の高いCPUグリスを採用したことも奏功しているのだろう。

こうした設計により、1つ上の快適さを実現しているわけである。もちろん、一般的なノートPCと比べればうるさいが……。ゲームプレイ時にはヘッドフォンを用意した方がよいだろう。

キーボードは手前に設置 ストロークは浅め

キーボードは、サブパネルをキーボードの上に配置した都合で手前に位置している。そのためか、外付けのパームレストも付属する。

キーはアイソレーションデザインで、ややキートップが小さめだが、キーピッチは19mmを確保しており、ゲーミング向けに「26キーロールオーバー」や「アンチゴースト」に対応している。キーストロークはやや浅めに感じるが、それだけ押し込んだ際の反応が速くなるといったメリットもあるので、ゲーミングノートPCとしては正解かもしれない。

タッチパッドは、サブパネルの位置の都合からキーボードの左に配置されている。タッチパッドで操作したい人は、ここをどのように感じるかで判断が分かれるだろう。

インタフェース類は、左側面に電源端子、HDMI出力端子、USB 3.0端子×2、有線LAN端子、ヘッドフォン/マイクコンボ端子が、右側面にThunderbolt 3(USB Type-C)端子とUSB 3.0端子を搭載している。側面から見るとくさび形をしており、スリムな見た目と、程よいチルト角を実現している。

「ながら」作業は便利 ミラーリングの活用方法を探してみよう

以前にもあったとはいえ、デュアルディスプレイのノートPCが本格的に出てきたのはここ1~2年の話。実装方法や活用方法を模索している段階にあるが、現時点では、コスト面でOMEN X 2S 15のように5~6型のディスプレイを載せることが現実的だろう。

OMEN X 2S 15を使ってみた限りにおいて、デュアルディスプレイの使い道としてはフルスクリーンでの「ながら見(作業)」や「プラスαの情報表示」といったところが適しているように感じられた。独自のミラーリング機能には可能性を感じたが、これという決定打的な活用方法がユーザーから見いだされることを期待したい。

今回レビューしたOMEN X 2S 15は、税込みで40万円超とそこそこ高価である。だが、記事掲載時現在、直販サイトでは税別で30万円(税込みで33万円)で販売されており、36回払いまでの分割手数料(金利)が無料となるキャンペーンも実施している。

いずれにせよゲーミングノートPCとしても高価な部類ではあるが、それだけのパフォーマンスを備えていることはベンチマーク結果が語っている。そう考えると、キャンペーン価格は「お得」と言えるだろう。