• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

14型ノートPC「Swift 7」レビュー - 重さ約850g・厚さ約9.95mmを実現したモバイルマシン

モバイルノートPCは、大は小を兼ねない、薄くて軽いほうがエライ

「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、特にモバイルノートPCには当てはまらないと思っています。日本エイサーの新型ノートPC「Swift 7」の売りは、薄さ&軽さ。

14.0型液晶パネルを搭載しながら、Webカメラをキーボード面に追い出すことで、画面占有率92%の狭額縁「ゼロフレームディスプレイ」を実現しつつ、厚さ約9.95mm、重さ約850gの薄型・軽量ボディを達成しています。手に持った感覚は、雑誌未満、大学ノート以上。スマートさを最優先するなら、非常に魅力的なモデルです。

低消費電力・低発熱をより重視したYプロセッサーを採用、性能はそこそこ

Swift 7には、Core i7-8500Y・16GBメモリ・512GB SSD(PCIe接続)を搭載したコンシューマーモデルと、Core i5-8200Y・8GBメモリ・256GB SSD(PCIe接続)を搭載した法人モデルの2種類が存在します。

ラインナップは、コンシューマーモデルがスターフィールドブラック「SF714-52T-A76Y/K」とムーンストーンホワイト「SF714-52T-A76Y/W」です。法人モデルは、Officeなしの「SF714-52TP-A58U」、「Office Home & Business 2019」を搭載した「SF714-52TP-A58UB9」、「Office Personal 2019」を搭載した「SF714-52TP-A58UL9」という構成。つまり、コンシューマーモデルはカラー、法人モデルはOfficeの有無と種類で差別化されているわけです。

上述のように、コンシューマーモデルのCPUは第8世代Intel Coreプロセッサー(Amber Lake Y)の「Core i7-8500Y」(2コア4スレッド、1.50~4.20GHz)、法人モデルのCPUは「Core i5-8200Y」(2コア4スレッド、1.30~3.90GHz)です。これらは低消費電力・低発熱をより重視した「Yプロセッサー」で、多くの薄型ノートPCに搭載されている「Uプロセッサー」に処理性能では及びません。

今回、Swift 7のコンシューマーモデルで定番ベンチマークを実施してみましたが、CPUベンチマーク「CINEBENCH R15.0」のCPUスコアは「213 cb」、総合ベンチマーク「PCMark8」のHome Accelerated 3.0は「2944」、Creative Accelerated 3.0は「3608」、Work Accelerated 2.0は「3976」、3Dグラフィックスベンチマーク「3DMark」のTime Spyは「262」、Fire Strikeは「729」というスコアに留まりました。

たとえば、Uプロセッサーを搭載するノートPCのなかには、CINEBENCH R15.0のCPUスコアが「700 cb」を超えるマシンもあるので、Swift 7の処理性能はその約30%ということになります。

ただし、ベンチマークスコアほど差を感じるかというと、そのようなことはありません。ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 6.0.2」では、Q32T1 シーケンシャルリードで1639.2MB/s、Q32T1 シーケンシャルライトで840.2MB/sというスコアを記録しています。ストレージの性能は体感速度に大きく影響します。動画編集アプリや最新3Dゲーム以外の一般的な用途であれば、十分なパフォーマンスを備えていると言えます。

バッテリー駆動時間は「BBench」を用い、バッテリー残量5%までの所要時間を計測しました。ディスプレイ輝度40%の状態で、8時間15分58秒、動作しました。薄型・軽量ボディを実現するために、Swift 7のバッテリーは32Whと決して大容量ではありませんが、Uプロセッサーよりもさらに低消費電力を追求したYプロセッサーを搭載しているだけに、モバイル用途に十分なバッテリー駆動時間を実現しています。

インタフェースは最低限だが、USB-Cマルチポートアダプタを同梱

Swift 7の本体サイズは317.90×191.50×9.95mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約0.85kg。9.95mmの高さ(厚さ)はディスプレイ側と本体側を合わせた数値です。傾斜の付いた本体側面を大根に叩きつければ、両断できてしまいそうな薄さです。

思わずそんなチャレンジをしたくなるほど薄いので、インタフェースは最低限。USB 3.1 Type-C Gen2(最大10Gbps、USB Power Delivery、Display Port、Thunderbolt 3対応)×2、ヘッドセット端子のみです。本体側の端子部付近の厚みが実測6.1mmなので、USB Type-A端子などを省いているのは仕方がないですね。

しかし、USB Type-A、USB Type-C、HDMI端子を備えた「Acer USB Type-Cマルチポート変換ケーブル」を同梱しているので、必要最低限の拡張性は確保されています。SDメモリーカードリーダーや有線LAN端子が必要な場合は、サードパーティー製品を用意しましょう。

キーボードの配列にはクセあり、使わないキーは無効化をオススメ

飛び出るWebカメラ、かわいい&安心

画面占有率92%の狭額縁「ゼロフレームディスプレイ」を実現するために追い出されたHD Webカメラ(1,280×720ドット)は、キーボード面の左奥に配置。必要なときだけ、ワンプッシュで飛び出してくるポップアップ式を採用しています。格納時は物理的にカメラがふさがれるため、セキュリティ上も安心です。ただし、画像が左下から見上げるような構図になることと、タイピングしながらビデオ通話すると手が大きく写り込んでしまう点には、注意する必要があるでしょう。

英語キーボードがよかったかも

キーボードは72キーの日本語仕様。キーピッチは実測19mm前後が確保されており、打鍵感も良好なのですが、キー配列がなかなかトリッキーです。まず、半角/全角キーがCaps Lockキーの右に、Delキーが右Altキーの左に配置されており、かなり戸惑います。また、アイソレーションキーボードなのに、カーソルキーを除いても10個のキーが密着しており、やや打ちにくさを感じます。率直に言えば、英語キーボードのままで発売してほしかったところ。

筆者の場合、「無変換」、「変換」、「カタカナ ひらがな ローマ字」、「Del」キーなどはまったく使いません。もし筆者がSwift 7を個人的に購入したら、キーボードカスタマイズユーティリティー「KeySwap」などで、使わないキーを無効化したり、密着しているキーには同じキーコードを割り当てて利用するでしょう。

全画面感の強い狭額縁ディスプレイ

Swift 7の14.0型ディスプレイは、フルHD(1,920×1,080ドット)解像度のIPS液晶パネル(グレア、輝度300cd/平方メートル、sRGBカバー率100%)です。最新のフラッグシップスマートフォンに比べると輝度や色域に不満を感じるかもしれませんが、モバイルノートPCとしては十分なスペックです。発色も自然で、特に色むらなども見受けられません。映像鑑賞を堪能できるディスプレイと言えます。

一方、サウンドには過度の期待は禁物です。最大ボリュームでもビビリ音などは発生しませんが、もともと音圧は高くなく、低音も弱め。スペックは記載されていませんが、小さなスピーカーが内蔵されているのでしょう。映像に見合うクオリティーのサウンドを楽しみたいのであれば、ヘッドフォンや外付けスピーカーを組み合わせることをオススメします。

モバイル特化型のノートPC

Intel CoreのYプロセッサーを搭載するSwift 7は、決してパワフルなマシンではありません。反面、低消費電力・低発熱のYプロセッサーだからこそ、高さ約9.95mm、重量約850gの薄型・軽量ボディを実現し、モバイル特化型のノートPCに仕上がっています。キー配列にクセがあるのはお伝えしたとおりですが、ユーティリティーでカスタマイズすれば十分カバーできるレベルです。

ただ、Yプロセッサー搭載のノートPCで実売価格が25万9,000円前後というのはちょっと高く感じますね。Core i7-8500YとCore i5-8200Yに使用感を決定的に変えるほどの性能差はないので、メモリやストレージ容量が半分でよければ、Core i5-8200Yを搭載したOfficeなしの法人モデルがコスパ的には狙い目かもしれません。