• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

Comet LakeとGTX 1650 Max-Q搭載のクリエイター向けノート「MSI Prestige 15」

エムエスアイコンピュータージャパンは10月16日、キヤノンマーケティングジャパンとの提携強化を発表、これに合わせてクリエイター向けノートPC 4機種6モデル、クリエイター向けディスプレイ1機種、クリエイター向けデスクトップPC 2機種を投入した。今回はこのなかからクリエイター向けノートPC「Prestige-15-A10SC-026JP」の試用レポートをお届けしたい。

■Comet LakeのCore i7とGeForce GTX 1650 Max-Qを搭載

「Prestige 15」シリーズは15.6型ノートPCで、、「Prestige-15-A10SC-025JP」、「Prestige-15-A10SC-026JP」、「Prestige-15-A10SC-066JP」の3モデルがある。

主要インターフェイス、Comet LakeのCore i7プロセッサ、GeForce GTX 1650 Max-Q(4GB)の搭載はすべて同じ。違いは順にWindows 10 Pro/解像度4K/メモリ32GB/SSD 512GB、Windows 10 Home/解像度フルHD/メモリ16GB/SSD 512GB、Windows 10 Pro/解像度4K/メモリ32GB/SSD 1TBの構成で、いずれもハイスペックなマシンだ。

今回手元に届いたのは下位モデルに相当する「Prestige-15-A10SC-026JP」で、おもな仕様は以下のとおり。

プロセッサは第10世代のCore i7-10710U。6コア/12スレッド、クロックは1.1GHzから最大4.7GHz。キャッシュは12MB、TDPは15W。第10世代Coreには「Comet Lake」と「Ice Lake」の2種類があり、前者は第9世代と同じ14nm製造プロセス、後者は10nm製造プロセスの新アーキテクチャとなる。またiGPUに関してはIce Lakeのほうが性能は高いものの、コア数はIce Lakeが4コア/8スレッドまで、一方のComet Lakeは最大6コア/12スレッドまで用意されている。

メモリはDDR4-2666の8GB×2で計16GB。ストレージはNVMe SSD 512GB、OSはこのモデルだけWindows 10 Homeだ。グラフィックス機能はIntel UHD Graphicsに加え、NVIDIA Turingアーキテクチャ採用のGeForce GTX 1650 Max-Q(4GB)を内蔵している。

ディスプレイは非光沢15.6型のフルHD(1,920×1,080ドット)。タッチ操作には非対応。上位モデル2つに関しては4K(3,840×2,160ドット)でかつ、Adobe RGB相当の広色域、ΔE <2、MSI True Color テクノロジー、CalMAN VERIFIEDという5の要素が盛り込まれている。

ネットワーク機能はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0。インターフェイスは、Thunderbolt 3×2、USB 3.1×2、Webカメラ、microSDカードスロット、音声入出力、指紋センサー。キーボードはバックライト付き。microSDカードは読み書きが高速なmicroSD 5.0対応だ。さらにType-Cドックが付属し、こちらにはGigabit Ethernet、USB 3.0×2、カードリーダ×2を搭載している。

バッテリは4セルの5,280mAhリチウムポリマー、駆動時間約16時間。内蔵式で着脱は不可。なお付属品に含まれるType-C接続ACアダプタは高速充電に対応。15分で10%分を充電でき、最長2時間駆動が可能だ。

筐体はMIL-STD 810G準拠。サイズ約356.8×233.7×15.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量約1.6kg。価格はこのモデルで20万円前後となる。スペックを考えれば価格としては妥当だろう。

筐体は深いブルーのアルミニウム合金パネルが使われ渋いメタリック調。なかなかシャープなイメージだ。実測で1,681gあるものの、15.6型、そして構成を考えると仕方ないところ。ただ結構薄いので持ち上げたとき、見た目ほどはズッシリこない。

フロントは上左右が狭額縁。また上のフチは結構せまいが、中央にWebカメラが仕込まれている。左側面にThunderbolt 3×2、HDMI、音声入出力。右側面にUSB 3.1×2、microSDカードスロット(microSD 5.0対応)を配置。裏は手前左右にスピーカーと四隅にゴム足。後ろ側のゴム足が高くなっており、キーボードが若干手前に傾くようになっている。

付属のACアダプタはサイズが約130×60×27mm(同)、重量は330g。出力は5V/3A、9V/3A、10V/5A、12V/5A、15V/5A、20V/4.5A。Type-CドックはGigabit Ethernet、USB 3.0×2、カードリーダ×2。

15.6型のディスプレイは非光沢で目に優しく、明るさ、コントラスト、発色、視野角すべて良好。写真のとおりパネルは180度傾けることができる。上位モデルはさらに4KでAdobe RGB相当なのでその画質も気になるところだ。

キーボードはテンキーなしのアイソレーションタイプで3段階のバックライト付き。最大だと眩しいほどなので、通常1~2段階目で十分だろう。キーピッチは実測で約19mm。15.6型にも関わらずテンキーなし。その分、キーの配置はかなりゆったりしている。ただし[Enter]キーの外側にもキーがあるのは好みの分かれそうだ。仕様上キーストロークは1.5mm。打鍵感は硬過ぎず軟らか過ぎずニュートラル。個人的に好みだ。

タッチパッドは1枚プレート式で左上に指紋センサーがある。写真のように結構面積が広く、また指の滑りも良く快適に操作できる。

ノイズや振動は試用した範囲でまったく気にならず。ベンチマークテストなど負荷をかけると、キーボード上の特定の位置がそれなりに熱くなるものの、同社の「Cooler Boost 3」が効いているのか、パームレストまでは熱が降りて来ないためまったく問題ない。

サウンドは裏にスピーカーがあるタイプなので、机など反射するもので音質は大きく変わる。幅があるのでステレオ感はあるが、パワーはひまひとつだった。

■強力なCPUとディスクリートGPUで高性能!

初回起動時のスタート画面(タブレットモード)は1画面。2つあるMSIグループがプリインストールアプリとなる。Windowsの設定、ディスプレイ、個人設定の色は白。デスクトップは壁紙のみの変更とシンプルだ。

ストレージはNVMe SSD 512GBの「WDC PC SN520 SDAPNUW-512G-1032」。データシートによれば、リード最大1,700MB/s、ライト最大1,400MB/sとあり、ベンチマークテストの結果もそのまま出ている。Cドライブのみの1パーティションで約462.93GBが割り当てられ、空き423GBとなっていた。

Wi-FiとBluetoothはIntel製。またType-CドックのGigabit EthernetはRealtek製となる。

おもなインストール済みアプリは、「AudioDirector for MSI」、「ColorDirector for MSI」、「CREATOR CENTER」、「MSI Driver & App Center」、「MSI Help Desk」、「MSI True Color」、「ノートンセキュリティ」、「PhotoDirecotr 17 Essential for MSI」、「PowerDirector 17 Essential for MSI」、「Thunderboltコントロールセンター」など。

CREATOR CENTERは、クリエーターモード/システムモニター/システムチューナー/バッテリマスター/ツール&Helpとパネルが分かれており、さまざまな確認や設定ができる便利なツールとなっている。

ベンチマークテストは、PCMark 10、PCMark 8、3DMark、CINEBENCH R15、CrystalDiskMark、BBenchを使用。結果は以下のとおり。

さすがにCore i7、GeForce GTX 1650 Max-Q、NVMe SSDの組み合わせなのでかなりのハイスコアだ。

バッテリ駆動時間はキーボードバックライト/ディスプレイの明るさ0%、電源モード:バッテリー節約機能で5%まで16時間01分43秒。仕様上約16時間なので、そのままの結果となった。輝度0%でもそれなりに見え、実使用でも問題ないだろう。もちろんディスクリートGPU動作時はもっと短くなるものの、それでもこのクラスでこれだけ持てば十分だと思われる。

以上のようにMSI「Prestige-15-A10SC-026JP」は、15.6型フルHDのパネルにComet LakeのCore i7、GeForce GTX 1650 Max-Q、そしてメモリ16GB、NVMe SSD 512GBを搭載した高性能ノートPCだ。まさに「クリエイター向けノートPC」に相応しい内容となる。

フルHDのパネルでも十分綺麗であるが、色などが気になる処理であれば、価格は上がるものの上位の4K/Adobe RGB相当パネル搭載モデルを選びたい。15.6型でCore i7、ディスクリートGPU搭載ノートPCを探しているユーザーにおすすめできる1台だ。