• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

AMD、12コアで65Wの「Ryzen 9 3900」をOEM向けに展開

米AMDは9日、製品ラインナップページを更新し、12コア/24スレッドCPU「Ryzen 9 3900」を発表した。

9月24日付けでローンチされており、Ryzen 9 3900Xからベースクロックを3.1GHz、最大ブーストクロックを4.3GHzへと下げることで、TDPを105Wから65Wまで引き下げている。

モデル名欄に「OEM Only」とあるとおり、プロセッサ単体で市販されるものではないため、PCメーカー各社から登場するであろうRyzen 9 3900搭載PCから入手するほかないと見られる。

同社は10月1日にビジネス向けのプロセッサとして同じ12コアTDP 65Wの「Ryzen 9 PRO 3900」も投入している。

またリストにはないが、中国向けOEM専用モデルとして、6コア/12スレッドの「Ryzen 5 3500X」も投入する。

Ryzen 5 3500Xは、これまで最下位だったRyzen 5 3600のさらに下位のモデルとして位置づけられているが、製品仕様からはブーストクロックが100MHz低いのみと差は小さいことが見てとれる。

10月9日時点ではRyzen 9 3900/5 3500Xともに搭載PCは発表されていないが、早期の登場に期待したい。