• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

15.6型で約1.399kgの軽量薄型ノート「dynabook Z8/Z7」

Dynabook株式会社は9月10日、15.6型で約1.399kgの軽さと約17.6mmの薄さを実現した「dynabook Z8」および「dynabook Z7」を発表した。発売日は9月20日で、税別店頭予想価格は前者が21万円前後、後者は17万円前後の見込み。本体色はオニキスブルーとパールホワイトの2色を展開。パールホワイトモデルのみ11月中旬発売となる。

dynabook Zシリーズは、15.6型の大画面でモバイル用途もこなせるハイスペックモデル。Z8では第8世代Core i7を、Z7は同i5を搭載し、4コア/8スレッド動作を可能にする。バッテリ駆動時間は約19時間と長く、30分で約7.5時間分の充電が行なえる「お急ぎ30分チャージ」に対応する。

筐体は剛性の高いマグネシウム合金を採用し、ハニカムリブ構造によってパームレスト部の端を持ったときに生じるようなねじれへの強度も高めた。ドイツの第三者認証機関「TUV」による200kgfの面加圧、76cmの落下、30cc/3分の防滴、高加速寿命試験(HALT)を達成する堅牢性も備わっており、米国防総省が定める「MIL-STD-810G」の耐久試験の実施も予定。また、天板強化のために、アンテナ位置を液晶下部に設置するといった工夫も施された。

液晶ディスプレイは高輝度/高色純度/広視野角を謳うシャープの「IGZO」を採用。解像度は両モデルともフルHD(1,920×1,080ドット)で、外光の映り込みが少ない非光沢パネルが使われている。色域はsRGBで72%の再現率。

ストレージは上位モデルのZ8がPCIe SSD 512GB+OptaneメモリーH10 32GBの組み合わせで、OptaneメモリーがSSDのキャッシュとして動作し、2回目以降のファイルアクセスなどを高速化する。SSD単体だけでも十分高速だが、Optaneメモリーを使うことでさらに応答性が向上されるという。なお、下位モデルのZ7はSATA SSD 256GBのみとなる。

冷却ファンにも工夫が凝らされており、ファンのブレードの1枚1枚を長く薄くした「S-typeファンブレード」を採用。1枚ごとのサイズが大きくなるとともに、ブレードの枚数も増加され、風量を従来モデル(dynabook UX53)の約10倍にまで高めた。これにより、ファンのスピードを低減でき、低ノイズを実現している。

無線LANは最新規格のWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)をサポート。Windows 10のモダンスタンバイに対応し、スリープからの高速復帰、スリープ中のOSアップデートなどが行なえる(ACアダプタ接続時)。Z8は顔認証と指紋認証センサーを備えており、ロック画面からのすばやい解除を可能にする。さらに、Webカメラシャッターが付いており、プライバシーを優先して手動でカメラ部分を隠しておくことができる。Z7は指紋認証センサーのみの搭載となる。

インターフェイスには、USB PD(Power Delivery)とDisplayPort Alternative Modeに対応するThunderbolt 3が実装されており、充電については付属のACアダプタと合わせて2つの方法が選べる。USB PD用の電源回路は充電器に合わせた柔軟な仕様に対応するとのことで、高い互換性を実現する。

キーボードを防滴仕様にするとともに、各キーには指先に合うように0.2mmのへこみをつけ、入力のしやすさを追求。このほか、Harman Internationalと共同開発したharman/kardon対応のステレオスピーカーを装備し、薄型筐体ながら音楽や動画で迫力を楽しめる高音質を可能にした。