• 日本のラップトップのアクセサリー店:ノートパソコンのバッテリー、アダプター

「iPhone 11」、新しい飛散防止技術など搭載?--うわさの「Pro」シリーズ登場の可能性も

Appleは、9月に2019年版の「iPhone」を発表するとみられている。9月に近づくにつれ、「iPhone 11」のほか、「iPad」「Apple Watch」「AirPods」や「HomePod」スピーカーのアップデートの可能性に関する憶測が続いている。 次期iPhoneのデザインは、現在のモデルと似たものになると予想されているが、Bloombergの米国時間8月22日の記事によると、新しいハイエンドモデルには一部のカラーでマット仕上げが採用され、落下時の耐久性を強化するための新しい「飛

もっと見る...

レノボのノートPC「ThinkPad T450」が2万4840円に

「Qualit(クオリット)」の「Qualit×Lenovoセール」では、拡張性と使いやすさで人気の「ThinkPad T450」が通常価格3万240円のところ、8%OFFクーポン利用で2万4840円で購入可能に。 リフレッシュPCを販売する「Qualit(クオリット)」では8月23日から、「Qualit×Lenovoセール」を開催している。期間は8月31日まで。 セール期間中は、すべての製品を8%OFFクーポンを使って購入できる。対象製品のひとつとして、拡張性と使いやすさで人気の「Thin

もっと見る...

次期iPhoneはバッテリー容量がモリッと増えるかも?

本当なら嬉しい スマホがいくら進化しても、なかなか増えないのがバッテリー容量。しかしもうまもなく登場するであろう「次期iPhone」では、バッテリー容量が全般的に増加するかもしれませんよ? 台湾紙のDigiTimesによれば、次期iPhoneは現行モデルからディスプレイサイズを変えずに3機種が登場。そして、それぞれのバッテリー容量は以下のとおりと言われています。 iPhone XS後継機種:3200mAh(20%増加) iPhone XS Max後継機種:3500mAh(10%増加)

もっと見る...

ドスパラ、GeForce GTX 1650搭載で税別10万円を切る15.6型ゲーミングノート

ドスパラは、GPUにGeForce GTX 1650を搭載しながら税別価格99,800円を実現したゲーミングノート「GALLERIA GCR1650GF」を発売した。 エントリー向けのゲーミングGPUと、4コア/8スレッドのCore i5-9300Hを搭載。狭額縁ディスプレイによるコンパクト設計、非光沢液晶の採用なども特徴。 そのほかの仕様は、DDR4-2666メモリ8GB×1、512GB NVMe SSD、1,920×1,080ドット表示対応15.6型液晶ディスプレイ、OSにWindows

もっと見る...

次期Android Qの正式名称は「Android 10」に決定、お菓子の愛称はなしに

毎回予想して楽しんできた、Andoroidの名称。10の節目で数字のみになった。 グーグルは8月22日、公式ブログでAndroidの命名ルールを変更。開発中の次期バージョンから「Android Q」の正式名称を「Android 10」にすると発表した。従来は、これまではバージョン番号に加え、頭文字がアルファベット順に並べた、お菓子の英名を愛称に使っていたが、バージョン番号のみを記載する。 あわせてロゴも変更。Androidのフォント色は緑から黒となり、色の区別が難しい人に対して、視認性や

もっと見る...